review

思春期と原子力発電所と爆発と『Young,Alive,in Love』

思春期と原子力発電所と爆発と『Young,Alive,in Love』
『Young,Alive,in Love』西島大介/集英社<br />ぼくの町には3つの大きな湯沸かし器がある。あれやべーって。放射能、絶対漏れてるから。西島大介『Young,Alive,in Love』は幽霊が見えるという少女と、放射能の危険に不信感を抱いている少年の恋物語。この作品に描かれている不安は、ネット時代の日本が今抱えている原発への不安でもあるんだ。
「311」って単語はなんだかちょっと見た目がいい。
226とか515とか911とか009とか。何かの暗号みたい。
でもこの言葉が持っているのは決してかっこいい意味じゃない。
「東日本大震災」「福島原子力発電所事故」、それにまつわる数多くの感情や考え方全てが詰まった単語。
非常に使いやすすぎて、そんな軽い言葉でいいのか?という声もあります。
同時に「何も言わないよりはるかにいい」という声もあります。
むつかしいね。
2011年にはみんなが現実に起きている映像を見てパニックになって。
2012年には毎日話題にするほどではないけど、ぼんやりと不安を抱えている。
今はそんな時代。
原発の話は、不安と、知識的な問題と、答えのない問いの連続で、話題にするのが本当に難しい。地雷にすらなりうる。

西島大介『Young,Alive,in Love』は、思春期の少年少女の恋愛と、精神的な不安定を軸にして原発問題を描いた、変わった切り口の物語です。
原発を訴えるマンガ、ではないです。
でも原発を受け入れるマンガ、でもないです。
原発がすぐそこにあるのが当たり前の世界で抱く不安と、少年少女の思春期の不安がリンクした不思議だけど身近に感じられる物語。

主人公早川真が住む街、東京都M市中区一丁目には、3つの大きな「湯沸かし器」が建っています。
街中の人も、昔から有るもんだから全然気にしていない。当たり前の存在なんです。
そもそもあれなんなのよ?

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月1日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。