review

古本と雑貨とアートのカオス「古本ゲリラ」でお宝発見

千円でべろべろになれる店、またはそういう飲み方を「せんべろ」というのだとか(くわしくはこちらの記事を参照)。

そんなせんべろな酒場と古本をこよなく愛する、アダルト系ライターの安田理央さん、特殊翻訳家の柳下毅一郎さん、そしてエキレビ!でもおなじみのとみさわ昭仁さんの3人組――その名も「せんべろ古本トリオ」の主催するイベントが、去る11月10日と11日に開催された。「古本ゲリラ」というそのイベントは、参加者がおのおの古本を持ち寄って売るといういわば古本メインのフリーマーケットだ。今年4月の東京・中野での開催に続き、今回が2回目となる。

主催の3人のうち、とみさわさんは先月下旬、神田神保町に古書店「マニタ書房」をオープンしたばかり。当初は気の向いたときに開店するつもりが、日々の売り上げを口座に入れ通帳をつけるうち商人の喜びに目覚め、最近は毎日のように店を開けているのだとか。そこへ来て、最近神田から足立区に移転した東京電機大学の旧校舎を利用して「TRANS ARTS TOKYO」(TAT)というアートフェスティバルが開催されることになった。ちょうど第2回古本ゲリラの会場を探していたとみさわさんは、知人の紹介から、TATに乗っかるかたちで今回の開催へとこぎつける。

前回は1日だけの開催、しかも会場もあまり広くなくて参加者にはかなり場所を詰めてもらったという。それが今回は2日間の開催、スペースも申し分のない広さ。前回の会場にはバーカウンターがあったそうだが、今回も、17階に設けられた会場の向かいにはカフェスペースがあり、そこで買ったビールを手に各ブースをまわることもできた。「せんべろ古本トリオ」が主催するイベントなのだから、これこそもっとも正しい楽しみ方だろう。

この記事の画像

「古本と雑貨とアートのカオス「古本ゲリラ」でお宝発見」の画像1 「古本と雑貨とアートのカオス「古本ゲリラ」でお宝発見」の画像2 「古本と雑貨とアートのカオス「古本ゲリラ」でお宝発見」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク