review

世の中ツッコミが多すぎる、ボケで行こうよ『一億総ツッコミ時代』

『一億総ツッコミ時代』の著者、
マキタユウジ@makitasports さんへ。



前略。
マキタユウジ@makitasports さん、こんにちは。
歌人の枡野浩一と申します。
ツイッターで少々やりとりをしたことがあるだけで、
直接お目にかかってお話したことはないと思います。
ただ「マキタスポーツ」さんの歌のライブを、
生で拝見したことは何度かあります。
ラジオ番組に出演したとき、リクエストして、
マキタスポーツさんの曲を流してもらったこともあります。

槙田雄司『一億総ツッコミ時代』(星海社新書)、
拝読しました。
ほんとうは出版されてすぐに購入し、
ひと月前には読了していたのです。
感想を書こう書こうと思いながら、
こんなに時間が経ってしまいました。
世の中はいま《ツッコミ過多》で、
《メタ》的な批評家ばかりが目立っているけれど、
あえて《ボケ》の立場を選びとるような、
《ベタ》な生き方をしたほうが面白いよ、
という、
とてもシンプルな主張の書かれた本です。
具体例もふんだんに出てくるし、
難解な本ではけっしてないのに、
感想を書くのは難しいと感じました。
「感想を書く」という自らに課した宿題を、
絶えず意識の隅に重く置きながら、
ほかの本や映画や演劇を色々と鑑賞しました。
たとえばコンビニ本『ALWAYS地獄の三丁目
本当は怖い昭和30年代』(鉄人社)を読むと、
日常生活で「ツッコミ」にまわる人が
今よりは圧倒的に少なかっただろう昭和初期が
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク