bit

限定200冊。あえて時代の逆をいく! 3万円の絵本って?

限定200冊。あえて時代の逆をいく! 3万円の絵本って?
泉鏡花×中川学:繪草子「龍潭譚」(3万円 税込)。金属である錫を表紙カバーに。淵の部分は柔らかいので自然に曲がったり破れたり、変化を楽しめる仕組み。また題字には銀箔を使用。時間が経つにつれ、酸化していくのも面白い。
1冊3万円! そんな豪華な絵本がある。「不況で低価格低コストでモノを作るといわれる時代に、あえて真っ向から勝負する本だな」と気になって、同本のアートディレクションを担当した「iD.」の泉屋宏樹さんに話を聞いた。

■ 作り手の熱い想いが集結した絵本

明治~昭和時代にかけて活躍した泉鏡花(いずみきょうか)の短編小説「龍潭譚(りゅうたんだん)」を絵本化したという同本は、本を構成するパーツ一つ一つが多くの職人による手作業のため、この世に200冊の限定本だ。「高い本は売れるのか?」という疑問をはねのけ、1年をかけ、口コミなどですでに70冊が販売済み。購入者は、泉鏡花を愛する人はもちろん、絵やデザインに惚れて購入する人、子どものために買う人、さまざまだという。

本が売れないという時代に3万円という高価な絵本の発売。不安はなかったのだろうか?
「まずは、泉鏡花の絵本を『自費出版でも作りたい』と熱望したイラストレーターで、僧侶の中川学(なかがわがく)さんの強い思いと、関西の職人さんら、多くの人の手を介してできた傑作本なので、不安はありませんでした」と泉屋さんは胸を張った。

■ 五感で楽しむ本

本を触って驚いた。表紙は、錫箔(すずはく)という金属でありながら淵は柔らかい素材で、変幻自在だ。1冊ずつ、職人さんの手で張られた「錫箔」の表紙。多くの製本所で「できない」と断られたという。なぜ、錫箔にこだわったのか?

「錫が、大阪の産業のひとつであったことと、錫は鏡のような輝きを出してくれるので、『泉鏡花』の名前にも合う。面白いことに、泉鏡花のお母さんの名前と奥さんの名前が『すず』だったりと、これは『錫』を絶対に使いたいと思いました。また、大阪は腕のいい職人がたくさんいます。職人にはかなりの苦労をかけましたが、錫は錆びず、本の装丁にはぴったりでした。関西の職人のモノ作りに対する心意気を感じてもらえると思います」...続きを読む

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年11月26日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース