bit

今年は梅田でドイツ風クリスマスを

今年は梅田でドイツ風クリスマスを
小さな家のような、かわいい屋台が並びます。
クリスマスソングも流れはじめ、クリスマスを感じる季節到来。

日本はもちろんキリスト教の本場、ヨーロッパではクリスマスは一大イベントだ。中でもドイツスタイルのクリスマスは、近年日本でも注目を集めている。

11月30日に一番近い日曜日からクリスマスイブまでの約4週間を“アドベント”と呼び、ここからドイツのクリスマスが始まる。
こちらの記事にもあるとおり、このシーズン、ドイツの広場では食べ物やおもちゃ、クリスマス用グッズ……と、さまざまなアイテムを売る木製の小屋(ヒュッテ)がずらりと並ぶのだ。

そしてそんなドイツ風クリスマスが、ここ数年日本でも流行中。中でも一番大きなイベントは大阪のドイツクリスマスマーケットだ。

2002年から始まったイベントで、今やすっかり大阪冬の風物詩。これは会場の新梅田シティ内にドイツ領事館があることがきっかけで始まったとか。シンボルは全長27メートル、世界最大級のクリスマスツリー。会場には115年物のアンティークメリーゴーランドもドイツから空輸。このメリーゴーランドには実際に乗ることだってできるのだ。
そして本場ドイツと同じく、さまざまな彩りを施されたヒュッテも並ぶ。ヒュッテも実際ドイツで使われているものを空輸している本気っぷり。パスポートいらずで気軽にドイツマーケットを楽しめる。ドイツ人監修による、本格的な空気が魅力だ。

身体が冷えてきたら、熱々のホットワインもおすすめ。
これは毎年カップのデザインが変わるのだが、今年のカップはサンタクロースの顔の形。そんなサンタクロースの由来にもなった、聖ニコラウスが会場に登場するなど、賑やかな雰囲気に毎年来場者数が増えている。

あわせて読みたい

  • 皆さん、クリスマスは楽しみにしているのですか?

    皆さん、クリスマスは楽しみにしているのですか?

  • 今年のクリスマス萌えコスはどんな感じ?

    今年のクリスマス萌えコスはどんな感じ?

  • 2011年クリスマス、世界でいちばんアツかったのはここだ!

    2011年クリスマス、世界でいちばんアツかったのはここだ!

  • コネタの記事をもっと見る 2012年11月29日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース