review

いじめっこは殺していい。殺さなければ殺される『報復学園』

教師に言っても取りあってくれない。味方は誰一人いない。
自殺してこの女に責任負わしてやろうか? どう殺してやろうか?
いや、でもそれをやって人生棒にふるのも、親を悲しませるのもいやだ。

この「そんなことのために自分の人生を台無しにしたくない」という感覚と、「もういやだ、いつどうしたら終わるんだ」という葛藤。
それを、この異常な空間は一発で取り去ります。
初めて持つ、本物の殺傷武器。殺さないと殺される=殺るしかない。この空間ではいじめっこへの報復は善であり、罪に問われない。
『バトルロワイヤル』的な設定と見えて、根本が違います。いじめられっこ側が殺すためのものが整いすぎている。

この謎は読んでいけばわかります。
それよりも、安彦は、水島は、じゃあいじめっこを殺すのか?
他のいじめられっこ達は、自分をいじめていた奴らに報復します。
自分達も殺すべきなのか、いやこの場では殺すべきなんだけどそれでいいのか。

いじめを描く場合、その苦しさ、辛さからどう解放されるかが重要なテーマになります。
この作品もその根っこの部分は同じですが、シチュエーションが特異すぎる。
いじめっこに報復をする少年少女たちを幸せと見るか、それとも最大の不幸と見るか。
「問題作」という言葉がぴったりはまる作品でもあるのですが、実際は昔からある「殺したいほど憎い・ツライ」が形になったら、というIFを描いた作品。
もし心に一度でもそういう感情がわいたことがあるなら、読んでいて賛否ともになんらかの感情が湧いてくる作品になっています。
決してこの作品の結論が「正解」でも「間違い」でもない。
いじめ問題と、そこから生まれる憎しみを、オブラートに包まずに真っ向から描いているのがすごいんだ。


秋山弘行 『報復学園』

(たまごまご)

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース
「いじめっこは殺していい。殺さなければ殺される『報復学園』」の みんなの反応 1
  • 真夏の夜の淫夢 通報

    こんな世界に居たら・・・俺は遠慮なしにいじめっ子ぶっ殺しまくってると思う

    1
この記事にコメントする

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年11月28日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。