bit

全国津々浦々の働くオトコたちが空を跳ぶ! “ソラリーマン”写真集が完成

全国津々浦々の働くオトコたちが空を跳ぶ! “ソラリーマン”写真集が完成
12/6(木)発売『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー』(¥1260、徳間書店)
写真家・青山裕企さん。
彼の名前を知らない人でも、顔を見せない制服の少女たちの身体のパーツをフェティッシュに切り取った写真集『スクールガール・コンプレックス』(イースト・プレス)を覚えている人は多いのではないだろうか。吉高由里子や指原莉乃(HKT48)らのフォトブック、人気アイドルたちのグラビア企画(『SKE48 謎解きParts』週刊SPA!にて連載中)などもしかりだ。

そんな彼が『スクールガール〜』とともに撮り続けているのが、2009年に写真集を発売して話題を呼んだ、“空跳ぶサラリーマン”を激写した『ソラリーマン』(ピエ・ブックス)のプロジェクト。被写体は一般のサラリーマンなのだが、どの“ソラリーマン”もちょっとぎこちない表情や1人1人跳ぶポーズがユニークで、インパクトもありつつ味わい深い作品なのだ。

12/6(木)にはそんなソラリーマン写真集の第2弾『跳ばずにいられないっ! ソラリーマン ジャパン・ツアー』(徳間書店)が発売される。今回は全国各地を周って撮影した、スーツ姿のサラリーマンだけでないさまざまな職種の働くオトコたちが主役。そんな写真集や、11/27にスタートした個展に込めた思いを、ご本人に聞いてみた。

――ソラリーマンのプロジェクトを始められたきっかけは?
「写真を撮りはじめた1998年頃から、よく自分や身の周りの人たちを跳ばせて撮影をしていました。2006年に父親が病気で亡くなったんですが、サラリーマン一筋三十数年で生きてきた父親の“優しいけれど、ぐうたらな姿”しか僕は知らなかった。でもスーツに着替えてサラリーマンとして働いていた時の父親は、上司から部下まで幅広く慕われ、仕事もデキる“カッコいい存在”だったんです。父親にまつわるエピソードを葬儀で色々と聞くうちに、毎日会っていたのに僕は父親のことを何も知らなかったんだなとショックを受けたし、何よりサラリーマンの持つギャップに驚いて。父親の四十九日法要が終わった頃から、気づけば取り憑かれたかのようにサラリーマンの人たちを跳ばせるようになっていました」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2012年11月29日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

おもしろの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース