bit

クリスマスの仏ディズニーランドへしぶしぶ行ってきた

日本と比べここまで待ち時間が短いと、ビジネス的にどうなのかと思い調べてみた。仏レキスプレス誌によると、20周年という節目を迎えた今年、ディズニーランドとウォルト・ディズニー・スタジオ・パークを含むユーロ・ディズニーは、来場者が1600万人となる新記録だったそうだ。売店、ホテル、レストランでの売り上げは2.3%押し上げられた。しかし全体の収支は8560万ユーロ(約90億円)の純損失となっている。これは新規アトラクションや大規模な改修のためだそうだ。加えて、赤字は今に始まったものではなく、開業 4年以来続いているという。台所事情は苦しそうだ。

さて悲観的な話題は見なかったことにして(なにせ年間パスもいただいたのだし!)本題へ戻ろう。

ディズニーランド・パリで特筆すべきは(もちろんパレードやシーズン毎の園内装飾もそうだが)、日没後パークの中心部に立つ眠れる美女の城をスクリーンに、音と光で作り出されるショー「ディズニードリーム」だ。『ピーターパン』や『不思議の国のアリス』など、ディズニーおなじみの物語のヒーロー、ヒロインが映像で登場するこのショーは、ワールドプレミアとしてパリでおこなわれている。特に『ノートルダムの鐘』の主人公・カジモドが、ノートルダム大聖堂に見立てられた眠れる森の美女の城を背景に動き回る姿は、とてもフランスらしさを感じられる。

当初しぶしぶと言いながら、結局帰ったのはこの日の閉園時間だった22時。なんだ、面白いぞディズニーランド……。パリのキャストは東京みたいに機敏に動かないが、それも息が詰まらなくていい。 出口の門をくぐる時には、コネタ編集部に頼み込んで、これからは月一でディズニー記事を書かせてもらおうかと思ったくらい心でミッキーが踊る……。

ちなみにパリの客層は、大人のカップルより小さな子供を連れたファミリーが圧倒的に多い。 これなら一人で行っても男二人で行っても、日本よりは肩身の狭い思いをせずに済むかもしれないと、日本のディズニーに伴いがちなテーマを思案しながら岐路についた。
(加藤亨延)

あわせて読みたい

  • 電車好きも楽しめるディズニーリゾートライン

    電車好きも楽しめるディズニーリゾートライン

  • コネタの記事をもっと見る 2012年11月30日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース