bit

作家・森瑤子が愛した「ヨロン丼」ってどんな味?

小説の中に登場する食べ物の描写というのは、どうしてあんなに魅惑的なのだろうか。私なんぞは根が食いしん坊なせいか、書店で新刊のページをぱらぱらとめくって美味しそうな描写があると即買いしてしまったり、読んだ後に同じものを食べたくなって作ることもしばしば。

そんな活字派グルメ(!?)にとって夢のような場所が、東京・目黒にある日本近代文学館内にこの秋、オープンしていた。その名も「BUNDAN(ブンダン)」という名のカフェである。
「内田百ケンの朝食セット(ホットミルクと英字ビスケットのセット」「村上春樹の朝食セット」にはじまり、「向田邦子のビーフストロガノフ」「宇野千代のそぼろカレー」「森瑤子のヨロン丼」(オイルサーディンを使った丼もの)、などファンならずとも気になるメニューがいっぱい。

ドリンクも「TERAYAMA(寺山)」「AKUTAGAWA(芥川)」「OUGAI(鴎外)」といった文豪の人生や作品からイメージを膨らませたオリジナルブレンドコーヒーのほか、「谷崎潤一郎の炭酸水(ペリエ)」「堀口大學のシャンパン」などなど、メニューの説明を読んでいるだけで文学の世界に引き込まれてしまう。コーヒー豆は袋入りのものが店内でも販売されているので、ここでしか買えない東京みやげとしても喜ばれそうだ。

プロデュースを手掛けたクリエイティブカンパニー「東京ピストル」スタッフの桜井さんにお話を伺ってみたところ、以前ここは「すみれ」という食堂だったのだが、来館者の減少によりクローズしたままになっていたのだとか。そこで、文学をキーワードにくつろげるサロン的な空間をつくろう!ということで立ち上がったのが「東京ピストル」の皆さんだった、というわけである。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月4日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。