review

石原はなぜ負けた?「理由はひとつ、彼が石原慎太郎であったことだ」東京都知事選三大名勝負

『「三島由紀夫」とはなにものだったのか』)。

とはいえ、『宴のうた』における主人公の料亭の女主人(福沢かづ)の、夫・野口雄賢の選挙戦中の言動を読むと、三島の現実政治に対する洞察力、予見性を感じずにはいられない。彼女が選挙に惜しげもなくカネを使うことや、あるいは自分の故郷の民謡として「佐渡おけさ」を歌って庶民の心をがっちりつかむところからは、どうしても三島の死後、首相となる田中角栄のことが思い浮かんでしまう。

■1975年 美濃部亮吉vs.石原慎太郎――太陽の“挫折”
1963年に再選し、翌年の東京オリンピックを成功させた東だが、高度成長により発生したさまざまな都市問題に対しては後手後手にまわった。1967年の東京都知事選では、自民党が立教大学前総長の松下正寿を擁立したのに対し、社会党や共産党といった革新陣営は東京教育大学(筑波大学の前身)教授で経済学者の美濃部亮吉を立てた。結果はおりからの都議会の汚職事件から保守陣営に逆風が吹いたこともあり、美濃部が勝利する。それまでの都政が開発主導だったのに対し、美濃部は福祉重視をうたい、国に先駆けて老人医療の無料化を実現した。もちろん反発もなかったわけではなく、フォークグループのソルティー・シュガーのヒット曲「走れコウタロー」(1970年)では美濃部が実施した公営ギャンブル廃止が風刺されたりもした。

二期目をめざす1971年の選挙では、自民党推薦で立った前警視総監の秦野章が対立候補となった。このとき秦野陣営の応援に川端康成が駆けつけている。それまで政治からは距離を置いていたはずのノーベル賞作家の行動に、多くの人が首をかしげた。だが川端の応援の甲斐なく、選挙は美濃部の圧勝に終わる。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュースランキング

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月4日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。