review

中山雅史の引退で再び考える「ベテラン」の生きざま

中山雅史の引退で再び考える「ベテラン」の生きざま
『楽しむことは楽じゃない~プロサッカー選手に見る、生き残り術~』(寺野典子/河出書房新社)<br />年齢、身体、環境、立場…変化という現実を受け入れ乗り越えてきた、14人の選手たちから学ぶ人生の戦術。
「この会見場に来るまでも『辞めなきゃいけないのかな…?』とか『なんとか続けられないかな』という思いも沸き上がりました。まだ未練たらたらです(笑)。これでリハビリを終えるつもりもないですし、それでまたバリバリになったらカムバックするかもしれません。その時にはまた会見を開くので、皆さんまた来てくれますか?(笑)」

引退会見でのカムバック宣言など前代未聞!  でもらしいといえばらしい引き際だ。
スポーツ選手の辞め時、というのはいつの時代も難しい問題。悔いも未練もなく引退できる選手の方がむしろ少数派だろう。特に、サッカーの選手寿命は短い。言い方の良し悪しはあるにせよ、「ベテラン」と呼ばれる選手たちが必死にもがき、年々下がっていく運動能力と折り合いをつけ、それでもまだ現役にこだわる姿は、どこか切なくもあり、美しくもある。

先ごろ刊行された『楽しむことは楽じゃない~プロサッカー選手に見る、生き残り術~』は、そんなベテラン選手たち14人に焦点を当て、移籍や年俸ダウンを受け入れても、さらには引退をしても尚サッカー界に身を置き、生き続ける姿を追ったノンフィクションだ。


たとえば、日本サッカーをW杯に導いた「ジョホールバルの歓喜」の立役者、野人・岡野雅行。
今なお、J2のガイナーレ鳥取に所属し現役で奮闘する岡野は、走り続ける理由を次のように語る。
「今、俺が背番号30をつけているのは、『30代の代表』だという思いがあるから。確かに不景気だし、30代の選手が解雇されるのにはいろいろ理由があるのもわかるけど、それでも見返してやりたい。『30代でも走れるぞ』って気持ちなんです」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュース

次に読みたい関連記事「エンタメ」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月6日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。