bit

Don’t think, Feel! ネコ好きによるネコ好きのためのネコのププッと画像集

Don’t think, Feel! ネコ好きによるネコ好きのためのネコのププッと画像集
『ネコでププッ』タカハシ ヒカル(著)/ 宝島社
自他共に認める親バカである。いや、結婚も出産も離婚も経験をしていないし彼氏もいない、ないない尽くしの私なので、これにおける子供に該当する生き物はそう、ネコである。愛してやまないマイスイートハートを写真に収めては、SNSに共有し、友達からの「いいね!」や「かわいい!」の声に「そうだろう! そうだろう!」と鼻を膨らませる親バカな毎日である。

気がつけば二匹のネコと暮らし始めて早数年、その魔性の魅力にすっかり虜になり、マイスイートハートのみならず、街を歩いていてもネコを見つけるとすぐさま後をついて行ってしまう、どこに出しても恥ずかしくない立派なネコストーカーへと成長した。

そんな私に負けず劣らず、ネコたちを毛玉ちゃんと呼び、やってはいけないネコ男子の行動などを秘かに啓蒙し、最近では家の毛玉ちゃんと会話ができるようになったという非常に同じ匂いのするネコ男子を発見した。その方とは、『ネコでプッ』『ネコでププッ』(ともに宝島社)の画像集の著者であるタカハシヒカルさんだ。

毛玉ちゃんを愛して止まないタカハシさんが手がけた手のひらサイズのその書籍には、ちょっと間の抜けたネコの挿絵と共に、様々なシュチエーションのネコ画像に一言コメントが添えてある。例えば、夕日が射す川べり、取っ組み合いの喧嘩を始めたばかりの二匹。そこにはこう添えてある。

「マタタビなんかに頼ってんじゃねーよ!」

見える、そのシュチエーションが見える! と、思わずププッと噴出しそうになり、必死に堪えたものの、にやにやと電車の中にも関わらず一人顔を緩める怪しい三十路女と化してしまった。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。