bit

毎日食べても1週間100円! 『病気にならない! たまねぎ氷健康法』

毎日食べても1週間100円!  『病気にならない! たまねぎ氷健康法』
『病気にならない! たまねぎ氷健康法』(村上祥子・著 周東寛・監修/アスコム)。各章の終わりにあるコラムには、「新鮮でよいたまねぎの見分け方」「泣かないでたまねぎを切る方法」「加熱すると甘くなる理由」といったトリビアも紹介。
最近、「たまねぎ氷」というワードを耳にした。

「『電子レンジ料理』ブームの火付け役となった人気料理家の村上祥子(さちこ)先生が、『毎日切る必要がない』『保存がきく』『どんな料理にも合う』と3拍子そろった、たまねぎ調理術を考案しました。それが『たまねぎ氷』です。『病気にならない! たまねぎ氷健康法』では、『ムラカミ式たまねぎ氷』のつくり方や料理への活用法、症状別の健康メニューを紹介しています」と本書担当のアスコム編集長・黒川精一さん。

「本書の発売から1か月ほどですが、すでに7万部に迫る勢いです(11月末現在)。編集部に読者からお便りやハガキがたくさん届いていて、新聞広告を出した日は、その広告の切り抜きを持ったお客さんがレジに列を作った書店さんまでありました。書店さんからの注文電話で回線がパンクする日もあり、反響に驚いています」
そんなことになっていたとは……。

本書では、医学博士・周東寛(しゅうとう ひろし)氏の監修のもと、たまねぎに含まれる栄養素や健康作用も詳しく解説されている。
例えば、たまねぎに含まれる抗酸化作用が非常に高い、ポリフェノールの一種「グルタチオン酸」、「ケルセチン」という物質は、血管を丈夫にしなやかにしてくれるので、高血圧や動脈硬化などの生活習慣病の予防効果がある。また、不要な脂肪分を排出してくれる働きもあるので、メタボの予防、改善にも役立てられているのだそうだ。
「1日4分の1個(50g)以上のたまねぎで、生活習慣病、むくみ、便秘、不眠、イライラ、骨粗しょう症などが改善することがわかっています。とりわけ血液、血管系の病気や糖尿病への薬効には目をみはるものがあります」と本書の周東氏のコメント。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2012年12月11日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。