bit

心太のように“ニュルン”と太巻き寿司を発射するバズーカ

心太のように“ニュルン”と太巻き寿司を発射するバズーカ
「ニュルン!」と太巻き寿司が発射された。
「心太」って、不思議な漢字ですよね。辞書を読むと、こう書いてある。
「ところてんの歴史は古く、テングサを煮溶かす製法は遣唐使が持ち帰ったとされる。 当時は、テングサを『凝海藻(こるもは)』と呼んでおり、ところてんは俗に『こころふと』と呼ばれ、漢字で『心太』が当てられた」
なるほど……。

上記は全て余談で、本題はここから。実は、皆さんにご紹介したいクッキングトイがあるのです。株式会社StrapyaNext(ストラップヤネクスト)が7月より発売している『極太バズーカ寿司次郎』を駆使すると、まるで“バズーカ砲”のように太巻き寿司が産み出されるとのこと。「極太バズーカ」なる商品名は、まさにそこから付けられている。

じゃあ、何がどうなって寿司のバズーカが発射されるのか。ちょっと、ご説明させてください。
まず、ご飯が炊きあがったら、砂糖とお塩とお酢を混ぜ合わせた寿司酢を降りかける。両者を混ぜ合わせたら『極太バズーカ寿司次郎』の本体を開いて、ご飯を詰めていく。この際は、後に詰める具のことも考えてボリュームを調整すること。
ご飯が詰め終わったら心棒を使って、ご飯に溝を付けていく。そこにお好みの材料(玉子やきゅうりなど)を詰め、本体を閉じる。そして先端に蓋を閉め、心棒で軽く押し込んで米と具を軽く“ギュッ”と凝縮。
そして着弾地点に海苔を敷き、その上に“弾”(という名の太巻き)を発射していく。すると、中から“ドゥルン!”と弾が出てくるので、気を抜かずに出し切る。

あわせて読みたい

  • 恵方巻きの進化系でも福を呼べる!?

    恵方巻きの進化系でも福を呼べる!?

  • スマートフォンのようなご飯『スマート飯』

    スマートフォンのようなご飯『スマート飯』

  • コネタの記事をもっと見る 2012年12月28日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース