review

信長の無理難題を料理で解決。本日開始、ドラマ「信長のシェフ」原作をチェック

本日の夜11時15分よりテレビ朝日系でドラマ「信長のシェフ」が始まります! このドラマは金曜ナイトドラマ初の時代劇で、漫画「信長のシェフ」(原作:西村ミツル 漫画:梶川卓郎)が原作となっているのですね。ドラマ版のページを見てみると、ドラマ版と原作版とではちょっとだけ違う部分があるので、原作版のおさらいをしつつ、見所を探っていきましょう。

■まずは原作をおさらいしましょう

主人公の「ケン」は平成の料理人です。物語はそのケンが土から掘り出されるところからスタートします。はい。いきなり埋まっているのですね。その後、舞台が永禄十一年(西暦1568年)であることがわかります。1568年と言えば、そう。戦国時代なわけです。

ケンが何故平成の料理人とわかるか。それは、最初にケンを掘り出し、ケンと一緒に逃げる人が最後に「お前は絶対生き延びろ…っ そして平成に帰れぇっ!!」と言うからです。あとはコックコートを着ているからですね。ここからケンは平成の料理人ということがわかるわけです。

ケンは記憶を失っています。自分が何者なのかとか、どこからきてどこで何をすればいいのかがさっぱりわかりません。記憶を失っているのですが、歴史に対する知識と料理に対する知識だけは何故か持っているのです。これがびっくりするほど豊富な知識で、たとえば最初に料理をするときに調味料に醤油が無いことに気づき「醤油は使われ始めたのが1580年前後。ということは今はそれ以前の時代ということか」なんて判断しちゃったりします。醤油が普及し始めたのが何年頃かとか、普通はそんなに覚えていないでしょう。
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク