review

心に土足で入らない、ずけずけとしない「たまこまーけっと」特集

だって、山田尚子監督の中にある究極の、理想の場所を描いた作品なんだもの。

鳥は、傍観者としての立ち位置。
「うさぎ山商店街」という、ちょっと古い香りただよう商店街と、高校を舞台に、いろいろな人々が出てきます。
描かれるのはドラマではありません。日常です。
この作品で描いているのは、個々が感じている「感覚」
NHKの朝の連続テレビ小説をイメージして見ると、想像と全然違う展開になっていると思います。
一見ノリはおんなじようで、何の事件も起きないんです。
ひたすらに、ただ「幸せ」なんです。

山田尚子はインタビューでこう語ります。
「やっぱりめちゃくちゃ憧れてるんですよ、こういう世界に。人と人が普通に会話するだけでも憧れます。『おはよう!』って言い合ってるだけでも憧れますので。『たまこまーけっと』はそういうことだと思うんですよね」

描こうとしているのは、商店街の様子じゃなくて、「『おはよう!』がある場所」。
確かに最近、そういうのって少ない。すれ違う人と「おはよう」だなんて、経験があんまりない。
実質描かれているのは、商店街なんです。けれど焦点が当たっているのは「幸せの空間」の部分。
おそらくワンカット切り出して見ても、それは何を示すのか、わからない作品です。まるまる一話まとめてみて、やっと形にならない「幸せ」が見える作品なんです。
この幸せも一筋縄ではいかない。
監督は続けて言います。
「みんな絶対に孤独な時間があって、孤独な思いをしてて。もうどうしようもできないくらいの時もあると思うんですけどね、それを見せたがる主人公ではあってほしくなくて。作品としてネガティブな部分がないと成立しないというわけじゃないと思うし、それがあっての幸せを見せていきたいと思うんです」

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。