review

心に土足で入らない、ずけずけとしない「たまこまーけっと」特集

画面には決して、膝を抱えて座り込むような悩める少女は一切出て来ません。
でも、確かにそれを感じさせるものはある。その上での、みなが努力して作ったしあわせの空間が、この『たまこまーけっと』にはあふれています。

脚本の吉田玲子はこの点を同じように語っています。
「商店街のみんなをはじめ、登場人物たちには遠慮がないように見えるけど、実際にはちょっとずつ遠慮しているっていう空気感、ですかね。意外とズバズバ言う人がいない。その感覚ですかね」
「人の心に土足で入ってくる人がいないっていうことなのかなあと。それが、この世界を作ってる大切なものなんだと思うんですけど。みんな人の気持ちがわかるんですよ。それは鳥ですらっていう(笑)」

商店街全体に「おはよう!」って言える多幸感がある。
けれども踏み込みすぎない。距離感をわかって接しあっている。
たまこはみんなに愛される元気な、商店街の看板娘的存在。
彼女も、商店街のみんなも、クラスメイトも、ずけずけとしていない。
相手の幸せを願って、気を使って、幸せをみんなで作っている。
作品にあふれているのは、どうしようもないくらいの「幸せ」。

本当に不思議な作品です。
山田尚子、吉田玲子、堀口悠紀子という三人の女性の、理想郷を形にした作品なんです。
ほんと繰り返しになるけど、人情とかじゃない。もっともっと自分の生の部分に近い、人間の距離感の肌感覚の映像なんです。
『けいおん!』も確かに、言葉にしない幸せ、キラキラした高校生活が、行動として描かれていましたが、さらに純度を増した感があります。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年1月29日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。