review

「日本の夜と霧」「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」……すべてが事件だった。追悼、大島渚

「日本の夜と霧」「愛のコリーダ」「戦場のメリークリスマス」……すべてが事件だった。追悼、大島渚
本文中でとりあげられなかったが、「日本春歌考」(1967年)も大島渚監督の傑作のひとつ。一言でいえば男子高校生たちの性的な妄想を映像化した作品なのだが、それだけではなく当時の世相風俗やら国家や差別の問題やらさまざまな要素がギュッと詰まっていて、容易に説明を許さない。劇中、雪のなかを白地の黒の日の丸を掲げて行進するデモ隊の撮影は、制定後初めて迎えた建国記念の日(1967年2月11日)にロケが行なわれた。同作の公開はそのわずか12日後であったというから、その素早さに驚かされる。このほかにも大島は、劇映画のなかにドキュメンタリーの要素も積極的にとりこんだ。
今月15日、映画監督の大島渚が亡くなった。エキレビではこれまでにも何人かの著名人の足跡を、作品などを通して紹介してきたが、さて、大島渚という人物はどんなふうにとりあげるのがふさわしいのだろう。映画監督なのだから、当然その監督作品を紹介するのがまっとうなのかもしれない。だが、大島の作品は解説などを読む前に、実際に観て「何じゃこりゃ!?」と驚くのがいちばんという気もする。そもそも下手に要約すると、すっぽり抜け落ちてしまいそうなことが大島作品には多すぎる。

そこでこの記事では、作品そのものの紹介というより、作品をめぐって起こった事件をいくつかとりあげることで、大島の映画監督としての軌跡をたどってみたい。

■「日本の夜と霧」突然の上映打ち切り、直後の結婚式では…
大島渚は1954年に京都大学を卒業後、松竹に入社している。当時の映画会社の撮影所では、完全な徒弟制がとられ、たとえ東大や京大出でも助監督として何年か下積みを経て、そこで才能が認められればようやく監督になれた。大島も5年間、助監督を経験したが、それでも27歳という当時の映画業界では異例の若さで監督デビューを果たしている。デビュー作の「愛と希望の街」(本来のタイトルは「鳩を売る少年」だったが、会社側に変更された)は1959年に公開された。もっとも、その衝撃的なラストなど内容が会社幹部らには不評で、その後しばらく大島は仕事を干されることになる。
レビューの記事をもっと見る 2013年1月29日のレビュー記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。