bit

中学受験、親が気をつけなければいけないこと

2月1日は中学受験の集中日。東京都と神奈川県の入試が解禁される日で、本日をピークに3日までの三日間に多くの中学入試が設定されている。受験生にとっては勝負の時だ。

でも年端もいかない小学生が夜遅くに塾から帰ってくる姿をみると、可哀想なのではないか、そこまでやらせる必要があるのだろうか、とつい思ってしまう。

「可哀想だと思うことが一番可哀想ですよ」

そう語るのは中学受験に詳しい育児・教育ジャーナリストのおおたとしまささん。

「中学受験を名門校に入るための『必要悪』のようにいう人がいますが、それは合否の結果だけを重視する危険な考え方です。多くの子どもは自分で目標を定めてそれに向かって一生懸命に頑張っています。もちろん辛いこともありますが、それを乗り越えて目標に向かっていく過程自身に大きな意味があるのですから、そのチャレンジを否定しては子どもが可哀想です」

それは好きなスポーツや音楽に打ち込んでいくことと何ら変わりがないとおおたさんはいう。

「昨年ネットでイチロー選手が小学校の時に書いた『僕の夢』という作文を絶賛する人が多くいましたが、多くの中学受験生も基本的には同じ気持ちで臨んでいるんです」

とはいえ気をつけなければ、親子共々疲弊してしまうこともあるとも警鐘を鳴らす。

「最初は誰しも子どもの将来を考えて中学受験という選択を考慮すると思うのですが、次第に高い偏差値のところに入れることが目的化してしまい、子どもが潰れてしまったり家庭がギクシャクすることがあります。もちろん偏差値の高い学校には、高いなりの理由があります。しかし学校は大学進学のためだけにいく場所ではありません。中学高校は子どもが思春期の多感な時期を過ごすところですから、偏差値ばかりに捉われず校風をしっかり見極めて欲しいですね。第一志望は子どもにあった校風の中で目標となるような高めの偏差値の学校に設定して、それ以外は偏差値にとらわれずに校風中心に考えればいいと思います」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク