review

ナゴヤドームでは負ける気がしないが、神宮球場では勝てる気がしない『中日ドラゴンズあるある』

ナゴヤドームでは負ける気がしないが、神宮球場では勝てる気がしない『中日ドラゴンズあるある』
大山くまお『中日ドラゴンズあるある』(TOブックス)<br />ドラゴンズファンなら誰しも膝を叩くであろう“あるある”満載の一冊。なかには、《郭源治の台湾料理店には台湾ラーメンはない》といった“あるある”というかトリビアも。なお、帯には、本文の“あるある”にも登場する、ドラゴンズ芸能人の代表格、峰竜太と加藤晴彦が推薦コメントを寄せている。
ここ数年、出版界では“あるある本”ともいうべき種類の本がひとつのジャンルとして定着しつつある。その先駆けはおそらく、『野球部あるある』(菊地選手・著)だろう。同書のヒットを受けて、パート2、さらには『吹奏楽部あるある』(吹奏楽部あるある研究会・著)という姉妹編的企画も生まれた(この2冊についてエキレビにはオグマナオトさんによる著者インタビューも掲載されているので、参照されたい)。

『野球部あるある』は文字どおり野球部をテーマにしたものだったが、野球関連ではさらに、プロ野球にまつわる“あるある本”もちらほら登場している。Twitterの「野球大喜利」から生まれた『みんなのあるあるプロ野球』(カネシゲタカシ/野球大喜利・著、昨年3月刊)を手始めに、昨年秋には『カープあるある』(クリエイティブ研究所・編著)、さらに今年に入って『中日ドラゴンズあるある』(大山くまお・著)という本も刊行された。

以前、「東京野球ブックフェア」のレポートでも触れたように、なぜかカープに関してはここのところ、ほかの球団以上に高い出版熱が感じられる。『カープあるある』もその例に洩れず、ファンの熱い思いがこめられている。というか、現在の選手ばかりか、過去の名選手についても細かなエピソードやデータなどが網羅されたその内容は、もはや“あるある本”の域を越えているといってもよい。

これに対して当記事でとりあげる『中日ドラゴンズあるある』は、そこまでエピソードは網羅されていないものの、“あるある本”という枠にきっちり収めながら、ファンのツボをしっかりと刺激してくれる。このあたり、大量得点こそあまりしないものの、獲った点はきっちり守り抜く(本書

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュース

次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「出版」のニュース

次に読みたい関連記事「出版」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月7日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。