review

AKB48を離れるということ。ドキュメンタリー「少女たちは涙の後に何を見る?」

AKB48を離れるということ。ドキュメンタリー「少女たちは涙の後に何を見る?」
映画「DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?」<br />パンフレットの表紙を飾るのは、涙を流すAKB48総監督・高橋みなみ。この映画は、AKB48のMVを多数手がけてきた高橋栄樹が、昨年公開の「DOCUMENTARY of AKB48 Show must go on 少女たちは傷つきながら、夢を見る」に続き監督を務めている。作中では、デビュー当時の前田敦子の映像が何度かインサートされるなど、長年AKB48を見つめてきただけに監督のメンバーへの愛情もうかがえる。<br />余談ながら、本作における評者のベストカットは、HKT48移籍決定直後の指原莉乃が、仕事で一緒になったSKE48の中西優香から慰められる場面。指原と中西はかつて、AKB48研究生時代、地方出身者同士、寝食をともにしながら切磋琢磨した仲。そのことを知っていると、よけいにくだんのカットにはグッと来る。
先週木曜(2月14日)に秋葉原のAKB48劇場で行なわれたチームA公演にて、仁藤萌乃がグループからの卒業を発表した。今月1日に封切られた映画「DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain 少女たちは涙の後に何を見る?」(高橋栄樹監督)では、目標とする先輩を訊かれたAKB48の研究生たちのうち高島祐利奈という子が仁藤の名前をあげていて、「渋いなー」と思ったものである。仁藤はシングル曲でセンターに選ばれたりといったことはなかったが、書道の芸能界一を決めるテレビ番組の企画でグランプリを獲得したり、雑誌で消しゴムはんこの連載をしたりと、職人的な活躍が目立った。ある意味、AKB48というアイドルグループの層の厚さを象徴する存在であったといってもいい。そんな彼女が卒業すると知って、“推し”でなくても寂しく思っているファンは少なくないだろう。

AKB48では、姉妹グループも含めここのところメンバーの卒業発表があいついでいる。前出の映画「DOCUMENTARY of AKB48 No flower without rain」でも、板野友美が2013年中の卒業を発表した。そもそもこの映画自体、「AKB48をやめる」ということが一つのテーマとなっている。その中心はもちろん、昨年8月の東京ドームコンサート公演後に卒業した前田敦子なのだけれども、それだけでなく、さまざまな理由でAKB48から離れたメンバーたちが登場する。なかには、スキャンダルが原因でAKB48としての活動を“辞退”したメンバーも大きくとりあげられている。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事

「ドキュメンタリー + 映画」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュース

次に読みたい関連記事「ドラマ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュース

次に読みたい関連記事「ドキュメンタリー」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年2月18日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. ドキュメンタリー 映画

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。