日本でもLCCがポピュラーになってきた。

LCCとは、ローコストキャリアと呼ばれる格安航空会社のこと。機内食や毛布などのサービスが有料だったり、シートが狭かったり、遅延や欠航のリスクが大きかったり……といった大手航空会社との違いはあるが、とにかく圧倒的な安さが魅力だ。

私自身、以前、ある日系LCCのセールで1円航空券をゲットしたことがある。手数料含めても数百円。さすがにそれはキャンペーン用の破格な安値だが、通常でもLCCの運賃は大手の3分の1から半額程度。空の旅もだいぶ身近になったものだ。

国際線も含めると、日本にはすでに10数社のLCCが乗り入れているが、その1つである「スクート」が、先日おこなわれた世界LCC会議・アジア太平洋2013で、「ベストLCCオブ・ザ・イヤー2012」に選ばれた。

派手な宣伝をしていないせいか、日本での知名度はまだそれほど高くないが、着実に存在感を増しつつあるスクート。シンガポールを拠点とするLCCで、あのシンガポール航空の100%子会社だ。

ちなみにスクートとは、英語で「さっと動く、でかける」といった意味。愛称ではなく、これが会社の正式名称だというから、なんだかカワイイ。現在のところ、日本路線は成田から台北を経由してシンガポールまで、1日1往復運航している。

日本には2012年10月末に就航したばかり。そもそも会社設立も2011年とごく最近。2012年6月にオーストラリア便を初就航させてから1年も経たないうちにベストLCCに選ばれたのは驚きだが、すでに300人以上のスタッフを雇い、4機の機材を保有しながら、9都市に就航。全線のロードファクター(有償座席利用率)が80%にのぼるなど、そのめざましい成長が評価された。