review

愛と性と酒と栄誉と。流行作家という凄絶な生き方

愛と性と酒と栄誉と。流行作家という凄絶な生き方
校條剛『ザ・流行作家』講談社<br />「小説新潮」の元編集者である著者が、実際に深く付き合った川上宗薫と笹沢左保という2人の作家の人生をたどった一冊。そのカバーの上半分では、笹沢が机の上に突っ伏すようにして、原稿用紙にペンを走らせる写真が使われている。若い頃に交通事故で入院して以来、布団にもぐり、腹這いになって原稿を書いてきた彼は、後年、机を使うようになってからも、椅子の高さを極端に低くして、布団で書くのと同じ感覚を求めた。<br />それに対し下半分の写真では、川上がリクライニング・チェアに座りくつろいでいる……ように一見みえるが、これは口述筆記をしている様子を撮ったもの。このように、同じ流行作家と呼ばれる存在でありながら、執筆のスタイルは対照的であった。
「もしも、この原稿を失くしてしまったら、同じものをまた書けますか?」

ある週刊誌の編集者が、小説家の笹沢左保から原稿を受け取った際、ふとそんなことを訊ねた。まだネットどころか、ファックスもコピー機も普及していなかった頃の話、原稿は編集者に渡した時点で、作家の手元には残らない。訊かれた笹沢は「書けるよ」と答えたものの、一拍置いて、「でも、書かないよ」と言い放ったという。まるで、彼の代表作である時代小説『木枯し紋次郎』の主人公・紋次郎のお約束のせりふ、「あっしにはかかわりのねえことでござんす」を彷彿とさせる言いっぷりではないか。

このエピソードは、新潮社の雑誌「小説新潮」で長らく編集者を務めた校條剛(めんじょうつよし)のノンフィクション『ザ・流行作家』に出てくる話だ(校條自身の体験談ではないが)。タイトルに掲げられた「流行作家」とは、いまではあまり使われない言葉かもしれない。

留意したいのは、流行作家はベストセラー作家とイコールではない、ということだ。笹沢左保も、本書のもうひとりの主人公で、「エロ作家」「ポルノ作家」などと呼ばれた川上宗薫も、単行本ではなく雑誌や新聞に書いて原稿料で稼ぐ、いわば自転車操業的、マガジンライター的な作家であった。校條は自ら編集者として長きにわたり付き合った彼らのような作家こそ、真正の流行作家であり、現代ではほとんど絶滅した種族である、と書く。

笹沢の『木枯し紋次郎』は、「小説現代」(講談社)で連載が始まった翌年、1972年には中村敦夫主演、市川崑監督によってテレビドラマ化され大ヒットとなった。笹沢はブームに乗って、1973年の長者番付の作家部門で6位に初登場する。ただしこれは『紋次郎』の単行本や文庫本が売れたからではなく、あくまでも、ブーム後さらに増えた雑誌の仕事をこなした結果であった。一方の川上も、笹沢のようなでかいヒットはなかったとはいえ、常に締め切りに追われていた(ちなみに、彼はその名も

あわせて読みたい

  • 若松孝二最期の映画『千年の愉楽』の衝撃

    若松孝二最期の映画『千年の愉楽』の衝撃

  • 本日授賞式! 芥川賞作家・西村賢太の分身、北町貫多の7つのひみつ

    本日授賞式! 芥川賞作家・西村賢太の分身、北町貫多の7つのひみつ

  • 元祖「エヴァ」『市川崑のタイポグラフィ』の考察

    元祖「エヴァ」『市川崑のタイポグラフィ』の考察

  • 「相棒」の米沢守、六角精児のろくでなし人生

    「相棒」の米沢守、六角精児のろくでなし人生

  • レビューの記事をもっと見る 2013年3月13日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら