bit

昼は会社員、夜は漫画家……フリペ漫画家・蒼室さんの新妻への気遣い

昼は会社員、夜は漫画家……フリペ漫画家・蒼室さんの新妻への気遣い
蒼室さんが描いた作品のごく一部。中でも「断片くん」は10回シリーズものとなったヒット作。よく見ると、結婚記念漫画も…
大人になってから、急に火が付いたように何かにハマることがある。漫画家といえば、子どもの頃に目指して、20代に挫折…という方も多いかもしれないが、関西で活動している蒼室寛幸さんは、大人になってから漫画を描き始めたという。昼は会社員、夜は漫画を描いている蒼室さんに、大人になってからの漫画家生活についてお聞きした。

●処女作がいきなり売れた! けれど…

――蒼室さんは、「断片くんシリーズ」に代表される漫画を描いたり、漫画や紙媒体に関するイベントのプロデュースを多数されていますが、子どもの頃から漫画家になるのが夢だったんですか?
「全くそういうわけじゃないんです。確かに子どもの頃に描いてはいましたけど、その後は全然描いてなくて、ちゃんと漫画を書き始めたのは28歳ぐらいからです」※現在30歳

――30歳になる前になってから目覚めたんですか!大人になってから描くのは大変だと思いますが、きっかけは?
「社会人になってからバンドを組んだんですけど、会場で売るものが何もなかったんです。そこで、僕がヒマだったこともあって、なにげなく自分で漫画を描いてミニコミ誌みたいにして売ったら、めちゃくちゃ売れたんです。200部が完売したので、『この道でいけるんちゃう?』って勘違いして(笑)」

蒼室さんは早速、レコード屋さんに“営業”をかけて置いてもらうことに。これが、まさかの好評で、かなり売れたという。さらに、ミニコミ誌を扱ってくれる本屋さんの存在を知り、早速置いてもらうことに。ところが…。

あわせて読みたい

  • マンガの中にいる気分! マンガが切り口の雑貨店「Tokyo’s Tokyo」

    マンガの中にいる気分! マンガが切り口の雑貨店「Tokyo’s Tokyo」

  • 最近ジャンプの読者って年齢あがってない?

    最近ジャンプの読者って年齢あがってない?

  • 「ドラえもん」や「パーマン」でいっぱいのコンビニ

    「ドラえもん」や「パーマン」でいっぱいのコンビニ

  • 「街のネコの写真の撮り方」を、新進気鋭のネコ写真家に聞いてみた

    「街のネコの写真の撮り方」を、新進気鋭のネコ写真家に聞いてみた

  • コネタの記事をもっと見る 2013年3月15日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら