review

きゅっ!と絞られたウエストから、ふわっと広がるスカート……少女革命ウテナ、輪るピングドラム原画展

薔薇の門を抜けると、幾原邦彦の世界だった。
西武池袋本店別館2階 西武ギャラリーで、『少女革命ウテナ原画展』が行われている。会期は3/20(水・祝)~3/25(月)。『少女革命ウテナ』『輪るピングドラム』の展示会だ。
西武ギャラリーでは、これまでに何回かアニメやマンガの展示会が行われている。けれど、今回のウテナ原画展はこれまでに行われたどの展示よりも展示数が多い。ピングドラムが108、ウテナが378。500近くも飾られている。
ウテナのブルーレイ発売に合わせた企画展なんですが、うまくタイミングが合ってこんな大規模な展示会になった。これでも絞ったほうなんですよ。幾原監督やさいとう先生が持っていたり、キングレコードの倉庫にあったセルの中から、いいものを展示してます!」(池田P

展示内容をざっくりご紹介しましょう。
【ウテナ】
・オープニング、エンディング、本編原画&セル画
・絵コンテ
・雑誌やパッケージに用いられた版権絵
・当時発売されたグッズや雑誌
・長濱博史や小林プロダクションによる背景設定・コンセプトデザイン資料
・企画資料
【ピングドラム】
・設定資料
・オープニング、エンディング、生存戦略バンク、本編原画
・台本
…などなど。物販には図録や限定グッズが販売されている。

池田Pが言うように、まさに「いいとこどり」。ファンとしてどうしても注目してしまうのは20話「若葉繁れる」、29話「空より淡き瑠璃色の」、最終話「いつか一緒に輝いて」など、大好きな話数の原画・セル画ではあるのだが、西園寺や七実など(ギャグ的な意味で)ハズせないセレクトも。原画に書かれたメモ書きや指定などもしっかり残っている。

この記事の画像

「きゅっ!と絞られたウエストから、ふわっと広がるスカート……少女革命ウテナ、輪るピングドラム原画展」の画像1 「きゅっ!と絞られたウエストから、ふわっと広がるスカート……少女革命ウテナ、輪るピングドラム原画展」の画像2 「きゅっ!と絞られたウエストから、ふわっと広がるスカート……少女革命ウテナ、輪るピングドラム原画展」の画像3
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「少女革命ウテナ」に関する記事

「少女革命ウテナ」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「少女革命ウテナ」の記事

次に読みたい「少女革命ウテナ」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク