review

【速報!「AKIRA」の大友克洋、9年ぶりのアニメ監督作品「SHORT PEACE」製作発表】

【速報!「AKIRA」の大友克洋、9年ぶりのアニメ監督作品「SHORT PEACE」製作発表】
「SHORT PEACE」 7月20日(土)ロードショー 配給:松竹<br />制作発表会見には、森本晃司、森田修平、岸啓介、大友克洋、安藤裕章、石井克人、カトキハジメ、田中達之の8名が出席。超豪華なメンバーだが、記者の質問は大友監督に集中した。記者からジブリの最新作についての質問をされ、「特に意識はしてないです。ジブリにはかなわないですからね」と笑いながら答える場面も。<br />(C)SHORT PEACE COMMITTEE (C)KATSUHIRO OTOMO/MASH・ROOM/SHORT PEACE COMMITTEE
「AKIRA」の大友克洋を筆頭に、「新世紀エヴァンゲリオン」の貞本義行、「機動戦士ガンダムUC」のカトキハジメら、日本アニメーション界のトップクリエイターが結集した劇場アニメ「SHORT PEACE」。
「日本」をテーマにした4本の短編&オープニングによるオムニバス作品で、3月22日に開催されたプロジェクト製作発表会には、各作品の監督やメインスタッフなど8人のトップクリエイターが登壇した。

大友克洋、9年ぶりの監督作品は、江戸を舞台にした「火要鎮(ヒノヨウジン)」。江戸の街が業火に焼き尽くされていく様を、一組の男女の悲恋と絡めつつ、スペクタクルに描いた約10分のショートフィルムだ。
「観てくれた人に『短い』って言われるんですよ。僕もあと5分は欲しかったんだけど、ダメだって言われて」と笑う大友監督。
「(他の作品で描かれることの少ない)着物の表現をしたかったけど、あまりCGに頼りたくもなかった」そうで、着物は、手描きの柄をテクスチャとして映像に貼り付ける形で表現。また、「古い絵巻物」をイメージした火事や煙の表現は、大きな見どころになりそうだ。

さらに、1981年に発表された「マンガ家・大友克洋」の代表作の一つ『武器よさらば』のアニメ化も、大友ファンにとっては嬉しいニュース。この作品は、ガンダムシリーズのメカニックデザインで知られるカトキハジメが、初めて監督に挑戦することでも、注目を集めている。
カトキ監督自身、「当時読んだ人にとっては、決して忘れられない作品。特にメカデザイナーで影響を受けてない人はいない」と語るほど思い入れの強いSFアクションの傑作が、どのようにアニメ化されるのか注目したい。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年3月22日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。