「かわいい絵」ってなんだろう? 日本人はいつから「かわいい絵」を楽しむようになったんだろう?

こんな、今までになかった斬新で、現代的なテーマで実施されている展覧会が「かわいい江戸絵画」展です。東京・府中市美術館で5月6日まで開催されています。

ま、論より証拠で円山応挙の子犬や、歌川国芳の猫の絵を見ると、無条件に「かわいい」って感じがしませんか? 特に応挙の描く、ころころとした丸まっちい体や、つぶらな瞳は、一目見ただけで同意いただけるのではないかと。国芳の擬人化された猫たちは、玄人好みかと思いますが、猫好きにはたまらないところがあります。

でも「かわいい」という言葉の意味には、一筋縄ではいかない奥深さと、広がりがあるんです。そして、それを絵画として二次元のキャンバスに描き留める技法についても、長い年月が必要でした。本展覧会では、この「かわいらしさ」が内包するモチーフと、かわいらしさを表現する技法の両軸でもって、日本絵画史に切り込んでいきます。

とりあえず広辞苑で「かわいい」を調べると「いたわしい。ふびんだ。かわいそうだ」「愛すべきである。深い愛情を感じる」「小さくて美しい」という意味が掲載されています。英語の「アイムソーリー」と「アイラブユー」と「スモールビューティ」が同じ言葉なんですよ。ちょっと、ビックリしませんか?

ちなみにモノの本によると「かわいい」という言葉は、古代から中世にかけて用いられた「顔映ゆし(かほはゆし)」が語源なんだとか。そこから「かはゆし」→「かわゆい」→「かわいい」へと変化してきたんだそうです。それに伴って意味も「恥ずかしい」「気の毒だ」「いとおしい」と広がってきました。昔から日本人は、なんでもかんでも「かわいい」って言ってきたんですね、なるほどー。

この記事の画像

「「かわいい」のルーツを探る。猫も夕涼みする「かわいい江戸絵画」展」の画像1 「「かわいい」のルーツを探る。猫も夕涼みする「かわいい江戸絵画」展」の画像2