bit

今夏、上野にパリの至宝がやって来る! ルーヴル美術館展

今夏、上野にパリの至宝がやって来る! ルーヴル美術館展
今回の企画展では200点を超える収蔵品がルーヴル美術館から貸し出される。
7月20日から9月23日まで上野の東京都美術館で開かれる「ルーヴル美術館展」の前売り券販売が4月1日から始まった。これは「地中海」をテーマに、同美術館の全8美術部門から収蔵品が選ばれ展示される企画展だ。

地中海の歴史は大陸間の交流の歴史だ。この同展では紀元前から近代までの同地域の歴史と文化の流れを順に追いながら、ルーヴル美術館が収蔵する美術品の数々を体系的に鑑賞できる。じつは、ここに本場ルーヴルでは体験できない見所が詰まっている。

パリのルーヴル美術館において、収蔵品は「絵画」「古代エジプト」「古代ギリシア・エルトリア・ローマ美術」「古代オリエント美術」「彫刻」「工芸品」「イスラム美術」「素描・版画」と8部門に分けられ展示されている。もちろん館内での展示は地域や時代を追いながら各所でまとめられているものの、展示品の数が過ぎて、一度に古代から近代までの流れを捉えようとすると疲れてしまう。

しかし今回の企画展は地域を限定し、ルーヴルの8部門をまたぐように地中海地域各年代の収蔵品が貸し出されるので、本場ルーヴルとは違うくくりで収蔵品を見られる。地中海を媒体とした芸術・文化交流の流れがより分かりやすい仕組みになっているのだ。同地域を知る上で収蔵品のいいとこ取りと言っていい。

なぜルーヴルはそれほど巨大なのだろうか。同館の歩みはあふれる美術品と拡張の歴史だ。

その発端は、現在のように広くなかったパリの街の西方を守るため、1190年に仏国王フィリップ2世によりルーヴル城が築かれたことにより始まった。時代と共に増改築が加えられ砦から宮殿の機能を備えていったルーヴルだが、ルイ14世がパリ郊外にベルサイユ宮殿を建設するとともに、1678年に宮廷機能は同地へ移る。これが1つの転機になった。

あわせて読みたい

  • 仏エリートは大学なんて行かない!? 日仏で異なる教育事情

    仏エリートは大学なんて行かない!? 日仏で異なる教育事情

  • ディズニーランド、パリと東京の相違点って?

    ディズニーランド、パリと東京の相違点って?

  • 日本文化がフランスで親しまれる理由って!? ブルターニュで一年を通して開催中のイベントとは

    日本文化がフランスで親しまれる理由って!? ブルターニュで一年を通して開催中のイベントとは

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月3日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら