bit

「畳の日」を機に行われる、日本初の“畳供養”って?

「畳の日」を機に行われる、日本初の“畳供養”って?
4月25日(木)、京都の浄土宗大本山「清浄華院」境内で行われる“畳供養”をイメージしたイラスト
4月29日といえば、「みどりの日」だけれど、この日は「畳の日」でもあるのをご存知だろうか。なんでも、イ草が生育すると緑一色になることから、全国畳産業振興会が4月29日の「みどりの日」と同じ日に申請したところ、平成9年9月に制定されたとのだとか。(※ちなみに「畳の日」は年に2度あり、「畳を上げて干すことで畳をきれいにしてほしい」という意味を込め、環境衛生週間の始まりの日である9月24日も「畳の日」に制定されている)

さて、そんな「畳の日」を機に、来る4月25日(木)、日本初の“畳供養”なるものが、京都の浄土宗大本山、清浄華院(しょうじょうけいん)で実施されることになったという。

そもそも畳供養とは? 実施のきっかけは何だったのだろう。さっそく全国畳産業振興会に聞いてみると……。

「当振興会は5年前から腕の良い畳職人を“畳ドクター”に認定し、健康維持のための畳替えを促進してきたのですが、そんななか、『古い畳には大切な思い出が染みついているから、丁寧に処分してほしい』という声が多く寄せられるようなっていたからなんです」

たしかに長年親しんできた畳だからこそ、きちんと処分したいという気持ちはよくわかる。でも、畳のような大きなものをどんなふうに供養するのだろう? 当日は具体的にどんなことを?

「実は、事前に全国から『供養したい畳の思い出』を公募したところ、全国から約千通の応募があり、畳職人たちから、畳に願いを込める“畳の護摩”が約百通集まりました。そこで、当日は全国の畳職人が持ち寄った、祈願が描かれたその“護摩ゴザ”100枚を、古畳で作った“畳の菰”に入れ、幽玄な炎で供養します。供養中は畳職人たちが炎を取り囲み、真新しい畳をかついで敬礼し、今回は供養の炎が燃え尽きた後、畳職人たちがかついでいた真新しい畳を“縁起畳”として先着20名様にお配りする予定です」

あわせて読みたい

  • 「畳ドクター匠の技全国選手権」最優秀賞が決定

    「畳ドクター匠の技全国選手権」最優秀賞が決定

  • “畳メイド”が歌って踊る『畳ビズのうた』って何?

    “畳メイド”が歌って踊る『畳ビズのうた』って何?

  • 年間依頼件数が1万件! 時代の変化に対応する「小さなお葬式」って?

    年間依頼件数が1万件! 時代の変化に対応する「小さなお葬式」って?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月12日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。