海外から日本にやってくる人たちには、どんな事情があるのだろう。文化に惹かれてやってくるのか、職を求めてか、あるいは思いもしない理由からか。人生の道がそれぞれ違うように、日本という場所にくる理由も各々違うはずだ。生活する中で日本への見方が変わっていくこともあるかもしれない。そういったことを出会った人たちに聞いてまわってみたいと以前から考えていた。長年日本に住んで、ほとんどのことが当たり前になってしまった自分の凝り固まった視点ではなく、日本に渡ってきた人たちの新鮮な眼差しにより、今まで見えなかった日本の一面を知ることができるかもしれないと思ったからだ。

今回話をきいた フィルさんはアイルランドからやってきた。現在は東京に住んでいて、翻訳と編集の仕事をしている。今年で日本への滞在は計6年。そんな彼が日本に来たのはどんな理由からだったのだろうか。また実際に住んでみることで、日本をどう感じたのだろうか。

■はじめての日本、お好み焼きにびっくり
フィルさんが、初めて日本に来たのは10年以上前のことだ。彼がアイルランドの大学で学んでいた言語の一つが日本語だった。卒業には日本への留学が必須だったため、交換留学で提携していた神戸の大学に行くことになる。
「初めて日本に来たときに飛行機が着いたのは成田空港だった。関西に向かう前に東京で友達に会う予定だったんだ。最初に驚いたことは、空港から東京に向かうバスに乗っていて、遠くに高層ビル群が見えてきたとき。自分が育ったところにはあんな高いビルは一つもなかったからね。それから人口密度にはびっくりしたよ。満員電車は日本人でも辛いんじゃない?」