bit

祝世界一!アタカマ砂漠マラソン優勝の日本チーム2つのユニフォームの秘密 (後編)

チームのアニキ的存在だった嶋田さんに対する思いはメンバーの小野裕史さんのブログに詳しく記されていますが、彼の快復を祈るメンバーにとってこのユニフォームは特別な意味を持つものでした。機能的には必ずしも最適とはいえないバイクウェアながら、このユニフォーム以外で大一番に臨むことはありえなかったと言います。

しかしそんな大切なユニフォームの他に、もう一つ別のユニフォームも用意していたのです。それはなんと着ぐるみです。それぞれキリン、ダイコン、バナナの着ぐるみを持参して、優勝が決定的になった第5ステージのゴール前に着込んで走ったのです。
「荷物をグラム単位で軽量化するためにウェアのタグまで切る程だったのに、9.3kgの荷物の中、着ぐるみだけで711gありました(笑)」(黒澤さん)

優勝を狙うチームとしては致命的な負担になりかねないにも関わらず、なぜ着ぐるみを持って行くリスクを犯したのでしょうか。

「僕たちは世界一になることができましたが、その結果だけがすべてではありません。中には全盲にも関わらず完走した方もいましたし、その彼を日韓親善のために伴走してサポートし続けた在日韓国人ランナーの方もいました。他にも生まれつき糖尿病を患っており、インシュリンを打ちながら完走した大学生もいました」

優勝した自分たちよりも、それらのランナーの方がよほど貴い存在だと言わんばかりに黒澤さんは熱く語ってくれました。

「彼らが乗り越えたチャレンジが与えてくれた感動と比べると、僕らの成したことはある意味大したことありません。僕らはせめて苦しい中でもアホなことをやって笑いを起こし、そのことによって生まれるポジティブなエネルギーをみんなで分け合いたかったんです」

過酷で苦しいレースを乗り越えたからこそ、笑うことによって生まれる絆の尊さを、世界一の男たちは誰よりもよく知っているのかも知れません。
(鶴賀太郎)

あわせて読みたい

  • 祝世界一!アタカマ砂漠マラソン優勝の日本チーム2つのユニフォームの秘密 ( 前編)

    祝世界一!アタカマ砂漠マラソン優勝の日本チーム2つのユニフォームの秘密 ( 前編)

  • 「マラニック」がブームの兆し? これからのマラソンは無理せずゆっくりと

    「マラニック」がブームの兆し? これからのマラソンは無理せずゆっくりと

  • 東京マラソンまであと少し! 走ったあとのケア方法は?

    東京マラソンまであと少し! 走ったあとのケア方法は?

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月26日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース