bit

東京が虹色に染まる?LGBTの祭典、GWに開催!(前編)

東京が虹色に染まる?LGBTの祭典、GWに開催!(前編)
カラフルな虹は、多様性の象徴として世界的にLGBTの象徴となっている。セクシャル・マイノリティーの問題は、同時に社会の多様性への寛容性の問題でもあるのだ。写真は東京レインボープライド2012の様子(撮影:Kanako Baba)
性同一性障害、おネエという言葉は今やすっかり市民権を得ているが、それらの言葉を聞いた時どういう印象を持つだろうか。自分とは縁のない人、テレビの中の人というように思う人が多いかも知れない。確かに身の回りにおネエ言葉を使う人がいない人は多いだろう。しかしセクシャル・マイノリティーはあなたが思っているよりはるかに多い。

LGBT。

レズ、ゲイ、バイセクシャル、トランスジェンダーの頭文字。近年性的マイノリティーを表すのに使われることが増え、少しずつではあるが浸透してきている言葉だ。おネエもLGBTに含まれるが、外見だけではそうとはわからない人も多い。
2012年に電通ダイバーシティーラボが行った調査(約70,000人にスクリーニング調査)では、約5.2%の人がLGBTだという結果が出た。この数字は国際的に行われている多くの調査と大体一致する。国立競技場に満席の5万人の入場者がいれば、約2600人のLGBTがいるはずということになる。

そのLGBTの祭典とも言える東京レインボーウィーク(TRW)がゴールデンウィークに東京を中心に開催される。昨年このコーナーでも紹介した東京レインボープライド(TRP)を筆頭にに10以上ものイベントが立て続けに行われるが、周辺は大きな熱量に満ちている。

「今までバラバラに活動していた元気のいい7つの団体が集結して、LGBTのコミュニティー全体としてプレゼンテーションしているので盛り上がっています」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年4月25日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース