bit

東京が虹色に染まる?LGBTの祭典、GWに開催!(前編)

話を伺ったのはTRPの共同運営委員長の乾宏輝さんだ。

「アルファロメオ、フィリップス、トムソン・ロイター、ゴールドマン・サックス、日本IBM、Googleなど世界の錚々たる企業がスポンサーについてくれ、アメリカ、イギリス、フランス、イスラエルなど8カ国の大使館が支援してくれています。関心の高まりは感じられます」

LGBTの権利を尊重するのは現在世界的な潮流だ。今年に入ってからだけでも、オバマ米大統領が第2期就任演説でも同性婚やLGBTの権利について言及したり、イギリスでも同性婚を認める法案が下院で可決されたりしている。3月にはFacebookやTwitterで、赤地にピンクのイコールマークが配されたアイコンをプロフィール写真に使っている人を見かけた人も多いかも知れないが、これは米最高裁判所が同性婚にまつわる判決を出すことを受けての運動だった。

こうした世界的な動きに日本も無縁ではない。2月には毎日新聞が「境界を生きる: 同性愛の今」という連載を紙面で行っている。「全国紙で『性同一性障害』ではなく、『同性愛』そのものを取り上げたのは初めてのことです」と乾さんはいう。

また昨年8月に見直された自殺総合対策大綱では初めて「性的マイノリティ」という文言が入った。「一般の人には大したことに感じられないかも知れませんが、政治でLGBTが焦点化されたというのはコミュニティーにとっては画期的なことなんです」

あわせて読みたい

  • 史上最大級のカミングアウトをした男の語るカラフルな世界

    史上最大級のカミングアウトをした男の語るカラフルな世界

  • コネタの記事をもっと見る 2013年4月25日のコネタ記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    コネタニュースアクセスランキング

    コネタランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    おもしろの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    コネタとは?

    B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

    その他のオリジナルニュース