review

SPの死闘を描く映画「藁の楯」。大沢たかお、松嶋菜々子……全員があやしい

SPの死闘を描く映画「藁の楯」。大沢たかお、松嶋菜々子……全員があやしい
藁の楯<br />原作 木内一裕「藁の楯」(講談社文庫)<br />監督 三池崇史<br />出演 大沢たかお 松嶋菜々子ほか<br />4月26日(金)新宿ピカデリーほか全国ロードショー<br />(c)木内一裕/講談社  (C)2013映画「藁の楯」製作委員会
凶悪犯を殺したら10億円もらえると聞いて、日本全国から1億2000万もの人たちが大挙して犯人を追ってくる。
狂人じみたにわか殺し屋たちの猛攻から、犯人の命を守る任務を帯びたSP(セキュリティーポリス)たちの死闘を描く映画が「藁の楯」(三池崇史監督)だ。

凶悪犯・清丸国秀(藤原竜也)は、いたいけな少女を乱暴した挙げ句に殺害した許されざる者。
名前こそ「清」で、演じている藤原竜也もけっこう芸歴長いにも関わらず八重歯が少年のようではあるが、名前や見た目に騙されるなという好例が清丸。
ヤツ(清丸)は、全く反省の色を見せないし、たまにかわいい子ぶったりするけどすぐ豹変し、少女好きで妙齢の女性に敬意なし。基本的にすべての他人をなめている。ひとっつもかばう要素がみつからない。人間のクズなのだ。

ところが、このクズの命を守れと国からの業務命令を受けた人たちがいた。
SP銘苅一基(大沢たかお)、白岩篤子(松嶋菜々子)である。
SPとは、その名をつけた映画にもなって一躍注目された「セキュリティーポリス」、要人を警備するスペシャリストだ。
清丸が潜伏していた福岡から東京の警視庁へ無事に送り届ける使命を帯びた銘苅と白岩は、警視庁捜査一課の奥村武(岸谷五朗)、神箸正貴(永山絢斗)、福岡県警のたたきあげ刑事・関谷賢示(伊武雅刀)とともに、清丸のために体を張る。

なぜ、こんなことになったのか。
極悪人・清丸に孫娘を殺された大富豪・蜷川隆興(山崎努)が、彼を殺した人に莫大な賞金10億円を出すという広告を新聞に掲載したことによって、日本中から清丸を殺そうとする人々が湧いてきたのだ。

あわせて読みたい

  • 映画もドラマも明日! 大人気「ストロベリーナイト」を3つの萌えで解く

    映画もドラマも明日! 大人気「ストロベリーナイト」を3つの萌えで解く

  • 「るろうに剣心」大ヒット7つの理由、これはゆとり世代論である

    「るろうに剣心」大ヒット7つの理由、これはゆとり世代論である

  • レビューの記事をもっと見る 2013年4月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。