review

オンライン上映開始「HK 変態仮面」の「おいなりさん」がネットでも

オンライン上映開始「HK 変態仮面」の「おいなりさん」がネットでも
THE ABNORMAL SUPER HERO HENTAI KAMEN(作:あんど慶周 集英社)<br />黄金期のジャンプにおいて多くの男子にトラウマを残した伝説の漫画。まさか20年の時を経て映画になるとは思わなかった。ちなみに映画の監督は「勇者ヨシヒコ」「コドモ警察」の福田雄一。原作も映画も大爆笑間違いなしなので、今すぐ劇場に見に行く(もしくはオンラインで見る)ことをオススメする。
ヱヴァンゲリオンQの劇場公開時。一部の映画館で流れた予告編が話題となった。全裸に近い格好。網タイツ。紐のような水着のような下着。そして顔にかぶったパンティ……「HK」こそ実写化は不可能と言われてきた伝説の漫画「究極!!変態仮面」の映画化だったのだ。

「究極!!変態仮面」(作:あんど慶周)は1992年から93年にかけて週刊少年ジャンプに連載されたギャグ漫画だ。1年しか連載されなかったのかと思うなかれ。当時のジャンプはまさに黄金時代。変態仮面の第一話が掲載されたジャンプの他の連載作品はというとドラゴンボール、SLAM DUNK、幽☆遊☆白書、ろくでなしBLUES、DRAGON QUEST ダイの大冒険、ジョジョの奇妙な冒険、花の慶次-雲のかなたに-、新ジャングルの王者ターちゃん、アウターゾーンといった作品がずらりと並ぶ600万部時代なのだ。この中で連載が1年(しかも、打ち切られる(?)3週前には連載1周年記念巻頭カラーになる)以上続くのは並大抵の人気ではない。ちなみに2009年に文庫化されたときに「HENTAI KAMEN」と名前を変えている。

主人公の色丞狂介はドMの刑事とドSのSM女王様の間に生まれ、現在は紅游高校に通う高校生。父親譲りの正義感を持ち、拳法部に所属している。普段は弱いが、ひとたび女性のパンティを被ると母親の変態の血が覚醒。変態仮面となり、悪を討つのだ。

何故変態仮面がそこまで強いのか。それは、人間が通常30%ほどしか使えない自らの能力を、変態の血が覚醒することで100%使えるから。さらには「クロスアウッ!(Cloth out、すなわち脱衣)」と叫んで網タイツとブリーフ姿になり、ブリーフは両端を伸ばし肩にかけることでより局部に刺激を与え、パワーアップする。その超人的な身体能力と拳法を駆使し、悪人の顔を「Welcome!」と股間に押しつけ倒していく。その姿は紛れもなくヒーローだ。変態だけど。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュース

次に読みたい関連記事「漫画」のニュースをもっと見る

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月8日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。