review

「サヤ」「グニ屋」「ドロ刑」警察隠語もりだくさんの『泥棒刑事』

オドリ(犯人の現場での振る舞い)などなど、泥棒にも個性があり、これらを特癖と呼ぶ。古くは江戸時代からドロ刑の捜査手法として行われてきたプロファイリングの一種だ。


【前科持ちはやっぱり怪しい?〜的割り捜査〜】

たとえば同一手口の空き巣事件が特定地域で多発しているとする。手口分析の結果、マエモン(前科者)の中からお勤め中のホシを除外して10名程度に絞り捜査を開始する。これを的割り捜査という。捜査の順番は、ギャンブル場などの立ち回り先の捜査、的の顔を拝む(確認するという意味)、尾行、ヤサの確認、行動確認、犯行を確認、オフダ(逮捕状)の請求、逮捕、取り調べ、と進む。
一度でも過去にホシを担当したことのあるドロ刑であれば、ホシがどのような場所をヤサに選ぶのか、ギャンブルなら何が好きで、競馬が好きならどこの競馬場へ行くのか憶えているのだという。


【人情刑事、落としの手法〜引当り捜査〜】

逮捕してからがドロ刑の腕の見せ所である。ドロ刑はさまざまなテクニックを駆使してホシを落としにかかる。また逮捕状に書かれている本件は「落ちて当たり前」。ここから余罪をいくつ吐き出させるかが勝負になる。そこで使われるのが引当り捜査。警察の捜査用車両に被疑者を同乗させ、1件1件犯行現場を確認するのだ。
具体例をあげよう。ある窃盗犯を逮捕した。しかし、ホシは本件容疑は認めたものの、余罪の追及に関しては否認した。
若手だった著者は上司の部長刑事と共に、ホシを連れて引当り捜査に出た。しかし部長は犯行現場には向かわず、神奈川県内のとある霊園で止めるように言った。部長はホシを車から降ろし、着ていた上着を手錠の上にかけた。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事

「ドロ刑 -警視庁捜査三課-」に関する記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月16日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。