review

ダンス王に俺はなる〈EXILE USAが語る「DANCE EARTH~BEAT TRIP~」1〉

ダンス王に俺はなる〈EXILE USAが語る「DANCE EARTH~BEAT TRIP~」1〉
EXILE USA/1994年・ダンスチーム「BABY NAIL」結成。1999年・ダンスユニット「J Soul Brothers」に加入。 2010年「J Soul Brothers」から「EXILE」と改名しデビュー。役者としても活動の幅を広げ、劇団EXILE「DANCE EARTH~願い~」、映画「京都太泰物語(山田洋次・阿部勉監督)」などに出演。「ダンスは世界共通言語」をテーマに「DANCE EARTH」の活動を続け、旅本『DANCE EARTH』『DANCE EARTH~BEAT TRIP~』、『地球で踊ろう!DANCE EARTH~Change the World~』、DVD『DANCE EARTH』、絵本『ダンスアース』、『ダンスアース2』を作品化。映画『DANCE EARTH~BEAT TRIP~』でも、出演・総合プロデュースを務める。
「“世界のリズムを全部乗りこなしたい!”という壮大な夢から始まったプロジェクトなんです」

発言の主はEXILEのパフォーマー・USAこと宇佐美吉啓。2006年よりライフワークとして活動し続けるダンスプロジェクト“DANCE EARTH”が今回、初の劇場作品「DANCE EARTH~BEAT TRIP~」として全国公開される。「ダンスという共通言語」で世界7カ国の旅を繰り広げるUSAが、この映画で表現したかったこと、そして「パフォーマー・USA」自身について聞きました。


《自分の感性ぐらいは自分で信じたい》

─── “DANCE EARTH”プロジェクトは、そもそもどんなキッカケでスタートしたんでしょうか?
USA 世界にはダンスがない民族も国もない。だったらこのダンスで世界とつながれるんじゃないのかな、と思ったのがキッカケですね。「全世界をダンスフロアにして踊りたいな」と思って旅に出たんです。そして、その冒険を表現していくのが“DANCE EARTH”。自分が旅しただけじゃなく、その冒険をいろんな表現に変えていこうということで、書籍にしたり、映像にしたり、絵本にしたり、ミュージカルをやったり、ヴィレッジを作ったり。それが今回は映画という表現になった、ということですね。
─── 今回の旅では7カ国を巡りますが、旅先を選ぶ基準って何かありますか?
USA 今回は「BEAT TRIP」というのがサブタイトル。サーファーが世界の波を求めて旅をする「SURF TRIP」のように、ダンサーだったら、世界の最高のビートを求める「BEAT TRIP」だなと思ってタイトルをつけました。そこでまず、最初に行きたかったのが、リズムのルーツ・アフリカ。人類のルーツであるという説もあるし。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

レビューニュースアクセスランキング

レビューランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年5月17日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。