review

一番「ダメだな」って思ってたのが土屋だった「ナイツ」塙宣之に聞く1

─── でも、「どんだけの数ボケるんだ!?」というのが、ある意味“ナイツっぽさ”でもあるわけじゃないですか。
 そうそう。だから、ツッコミは難しいんですよね。はじめは全然できなくて。しかも、漫才協会の師匠とかにも土屋だけが怒られるんですよ。だから、相当努力したんじゃないですかね。


《ダメだ。ナイツは浅草に行かせるんだ!》

─── よくネタにも登場する内海桂子師匠ですが、内海師匠に弟子入りした経緯は?
 それは、僕らが所属した「マセキ芸能社」という事務所の関係性ですね。内海桂子師匠ってマセキなんですよ。ちなみに僕らがマセキを選んだのは、実は土屋のお母さん(津島亜希)が演歌歌手で、マセキに入っていたからなんです。あいつああ見えて実は、芸能人の息子なんですよ。で、それを聞いて「えっ!? そうなの??」となって、じゃあ、マセキに入ろうよと。
─── ちなみに、お兄さん(お笑い芸人・はなわ)は、違う事務所ですよね?
 兄貴は、当時ケイダッシュ所属で、兄貴が売れていたらケイダッシュに行っていたと思うんですけども、まだ売れてなかった時だったのと、まあ兄貴と同じところも嫌だなと。それで兄貴に相談したら、マセキか浅井企画がいいんじゃないかと。
─── それで、マセキに入ったんですね。そこから内海師匠の元に?
 いや、当初は関係なく、普通にお笑いライブに出ていたんですけども、そうしたら当時のマセキ芸能社の社長(現・会長)が、「ナイツは若い人よりもお年寄り向けのほうがいいな」ってすごく言うんですよ。でも、他のマネージャーとかは「いやいやいや。社長、漫才協会はダメですよ」と反対したら、逆に社長のスイッチが入っちゃって「いや、ダメだ。ナイツは浅草に行かせるんだ!」とワケのわからないうちに……。それで、漫才協会に入る時は必ず誰かの弟子になる必要があったので、同じ事務所の内海桂子師匠の元に。それが2002年ですね。

あわせて読みたい

  • 千鳥さんだけイヤでしたね。THE MANZAI王者ハマカーンに聞く2

    千鳥さんだけイヤでしたね。THE MANZAI王者ハマカーンに聞く2

  • M-1優勝もアンラッキー?骨折、貧乏、相方。NON STYLE石田明の『万歳アンラッキー』

    M-1優勝もアンラッキー?骨折、貧乏、相方。NON STYLE石田明の『万歳アンラッキー』

  • 歴代選手6000人のデータが検索できる!「野球選手名鑑」 アプリの情報量がハンパない

    歴代選手6000人のデータが検索できる!「野球選手名鑑」 アプリの情報量がハンパない

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年5月21日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    次に読みたい関連記事「本」のニュース

    次に読みたい関連記事「本」のニュースをもっと見る

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース