bit

結局、「ぽっこりお腹」には腹筋しかない?

「走ったり泳いだり、しっかり運動しても、お腹だけ痩せない」という話をときどき聞く。

確かに体重が落ちて、胸や顔がこけても、腹回りだけはプヨプヨのまま……というのは、よくあるパターン。
お腹のぽっこりをなくすには、どうしたら良いの? 渋谷DSクリニック銀座院の平山桂子院長に聞いてみた。

「お腹の脂肪と一口に言っても、内臓脂肪と皮下脂肪とがあります。内臓脂肪がたまるような食生活や生活習慣があれば、内臓脂肪をとらない限り、内臓脂肪の分のお腹はへこまないですよね」

一方、お腹の皮下脂肪は?
「お腹の皮下脂肪は腹筋の上にのっているんですが、もともと腹筋はすごく薄いため、弱いんです。そのため、腹筋を鍛えていないと、お腹は骨格で囲われている部位ではないだけに、容易に内臓脂肪に押し出され、お腹が出てしまいやすいんですよ」

そもそもお腹に脂肪がたまりやすいのは、臓器を守るクッションとしての役割を担っているせいもあるそう。
とはいえ、「内臓を守っているから、脂肪がたっぷりあっても良い」というわけではない。
お腹のぽっこりをなくすには、結局、腹筋しかないのだろうか。
「腹筋だけでは有酸素運動ではないため、脂肪の燃焼になりません。有酸素運動+腹筋をすることがオススメです。ただし、腹筋といっても、横になってイチ、ニ、サン……と起き上がるような、いわゆる『腹筋運動』じゃなくても良いんですよ」

たとえば、「常にお腹に力を入れる姿勢をとる」などでも良いそうだが、これって実際にはなかなか難しそう。オススメの方法って?
編集部おすすめ

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

コネタニュースランキング

コネタランキングをもっと見る
お買いものリンク