bit

紫外線で靴の嫌な臭いを除去するアイテム

毎年のことながら梅雨シーズンになると、いろいろなものがジメジメして嫌な気分である。それと関係があるかどうかは定かでないが、足の臭いが気になったりする人、多いだろう。そこで、靴を履くことによるこの永遠の悩みを少しでも軽減したいというニーズに応えるお手軽なアイテムを紹介しよう。

それは、靴専用/紫外線除菌消臭器『シューズセーバー』(フォースメディア)。紫外線(UV-C)を使い、靴内部の細菌や微生物を除菌・脱臭するスティック状の製品。靴の中に入れておくだけで、薬品が残留する心配がないという。なんと、ニオイの元の細菌を約99%除菌するそうだ。さらに、電源切り忘れ防止タイマーを内蔵しているので、オフィスのロッカーや学校の下足入れなどに入れっぱなしでも電池(単4形アルカリ乾電池×4)を無駄に消耗しない。

説明によるとなかなか役立ちそうだが、同社に『シューズセーバー』に関連して、いくつか質問してみた。梅雨どきは靴内部の細菌や微生物はどのくらい増加するのか。

「季節による違いは把握していませんが、温度と湿度がある程度高い方が雑菌の繁殖は活発になるため、冬期に比べて雑菌が多くなると考えられます」

うーん、やっぱり、梅雨は臭いキツイ感じするものなぁ。

同製品を使って嫌な臭いがなくなるまで時間はどのくらいかかるのか。
「5~10分程度で除菌は完了します。ただし、繊維の奥に染み込んだ雑菌は、紫外線が当たらないため除菌できません。そのため古い靴など臭いの染み込んでしまった状態の靴の場合、臭いが残る可能性があります」

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

おもしろニュース

おもしろランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月1日のコネタ記事

キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。