旅行に行ったとします。そして、絶景ポイントに行ったとしましょう。眼前には、一生の思い出となるような光景が。素晴らしい! この景色を、今見ているこの情景を、私は噛みしめたい。

……噛み締められるんです。スマホで撮影し、せんべいにできてしまう。

映像制作を手掛ける「ティードリームネットワークス」(青森県三戸郡南部町)と南部せんべいの加工・販売を手掛ける「味の海翁堂」(青森県八戸市)がコラボし、6月より発売しているのは、その名も『スマプリせんべい』(1枚:税込み315円)。

これは、スマートフォンで撮影した写真や画像をお菓子せんべいにカラープリントし、オリジナルせんべいを作ることのできるサービスだそうです。

例えば、景色でも良い。自分の彼氏や彼女の写真でも良い。愛しきペットの写真でも良い。それを、特設サイトへ送信。すると、海翁堂がデータや注文者の情報を基にフルカラープリントし、作り上げてくれる。完成までにかかる日数は、50~100枚で10日ほどだそうです。

その上、このせんべいは食べられる。せんべいだから、当然か? 

では、その製造工程について。まず、プリントに適した優等のせんべいを選別します。表面が歪んでいたり、耳が欠けているものは、ここで除外。そして表面をフラットにするため、せんべいを成形。インクが綺麗にプリントされるよう、粉も飛ばしてしまいます。そして、ようやくプリントをスタート! ちなみにここで使われるのは、もちろん可食インクです。要するに、食べられるやつ。その後、乾燥室にて1~2日間乾燥させたら出来上がりー。