review

書評家・杉江松恋が第149回芥川賞を完全予想、不気味な大本命

       
いよいよ本日、7月17日は第149回芥川・直木賞が決定します。前日の直木賞編に続き、芥川賞の予想をしてみました。★で表しているのは今回の本命度です。どうぞご覧あれ(5点が最高。☆は0.5点)。ちなみに、直木賞編はこちら

「砂漠ダンス」山下澄人(2回目。初出:「文藝」2013年夏号)
147回の候補作となった「ギッちょん」は、同回の芥川賞でもっとも楽しませてくれた作品だった。語り手は自身の幼時から老境までを自由に俯瞰できる位置にいて、チャンネルをザッピングするように各年代を往来しつつ、時に応じて7歳のときの自意識の起点ともいえる位置に戻っていく。7歳という要の年齢から扇状に開いた、パノラマを見るような気分でこの愉快な小説を読んだ。
「砂漠ダンス」は「ギっちょん」と共通する構造を持った小説である。違いがあるとすれば、「ギッちょん」が俯瞰で見下ろすような視線の作品だとすれば、「砂漠ダンス」は同一の視線の高さで世界を見ているということか。
主人公はタカハシと名乗っている人物だが、実はタカハシではなく、タカハシと名乗る理由もとくにないのだという。この曖昧さは、語り手に浮遊を許すための作者のシグナルだろう。案の定、話の中盤ではとある定食屋に入った〈わたし〉がタカハシと名乗る〈わたし〉に遭遇してその食事の一部始終を観察するエピソードが出てくる。二人の〈わたし〉はもちろん両方とも〈わたし〉なのだ。長い時間を生きる〈わたし〉の軌跡は、〈わたし〉が見ることのできる場所の至るところに残されている。その断片を採集するような形で本編は書かれているのではないか。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

「芥川賞」に関する記事

「芥川賞」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「芥川賞」の記事

次に読みたい「芥川賞」の記事をもっと見る

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月17日のレビュー記事

キーワード一覧

  1. 芥川賞 高橋弘希

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。