review

こんな地味で暗いアニメ誰が見るの!?「私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!」

       
「わかる!よく言ってくれた!」というもこっちへの共感は、痛いながらも心地よいのです。
同時に、もこっちを自分の苦しみのスケープゴートにして笑い飛ばすこともできます。
基本「あるある」ネタ。人にうまく話しかけられず、挙動不審になっちゃったことを、ずっと気に病んでしまう、とかほんとあるある。
それを、もこっちに託して、いかに笑い飛ばせるか。
「www」「おいやめろ」って言えるか。
笑い飛ばせない人は見るのすらツライし不愉快になってしまうので、諸刃の剣な作品ではあります。
そのクッションになるのが、もこっちの絶妙なかわいさ。これのおかげでギャグになっています。が、劇薬には変わりない。

2・過去経験として笑える層としての楽しみ
この作品は通り過ぎた大人から見ると、自意識過剰の滑稽さを描いた作品。
「あー、あったよねー」と苦笑いする作品としての仕掛けを随所に設けています。
『けいおん!』や『耳をすませば』みたいな、キラキラ明るく楽しい青春時代への憧れも一つの青春期のノスタルジックです。
しかし、こういう毒々しくてグズグズしたヘドロのような、呪詛の塊のような青春だって、青春期のノスタルジックのはず。
筋肉少女帯の『蜘蛛の糸』の、「友達がいないからノートに猫の絵を描く」という歌詞にとても近い感覚です。
暗い青春を見ることで、懐かしくなるものってあるんです。それを見て楽しくなるかどうかは別として。
作中では、もこっち以外が灰色になる演出が何度も挿入されます。

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

トレンドニュース

トレンドランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る
2013年7月30日のレビュー記事

キーワード一覧

エキサイトレビューとは?

エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。エキサイトニュースは、最新ニュースをすばやくお届け。

その他のオリジナルニュース

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。