review

白人の子どもを表紙にすればベストセラーだ「どうすれば重版するのか」7つの法則

本年度流行語大賞に「重版出来!」がエントリーされないかな〜。

本を売るために奮闘する編集者や営業マンの姿を描いた漫画「重版出来!」(松田奈緒子/小学館)のヒットによって、にわかに「重版」という言葉にスポットが当たっています。

「重版」とは「売れてる」証。出版用語であります。村上春樹の「色彩をもたない多崎つくると、彼の巡礼の年」は発売日前に「重版」したことがニュースになりましたし、大泉洋も著書「大泉エッセイ〜僕が綴った16年」で「重版」記念イベントを行いました。
「夢の印税生活」という言葉がありますが、村上さんも大泉さんもまさに夢の印税生活者といえましょう。印税は「重版」することに増えていくのです。 
私が買った「重版出来!」は3刷となっていて、ふと本棚から手に取った白洲正子の「かくれ里」は2013年6月3日に第47刷となっています。

本を出す人なら誰もが夢見る「重版」。重版王におれはなる! そんな憧れ心をくすぐるイベント「どうすれば重版するのか」イベントが、著書は多いが重版童貞で、新著「男の鳥肌名言集」で初重版を狙っている米光一成さんと「名言力」が11刷、「中日ドラゴンズあるある」が3刷と重版打率の高い大山くまおさんによって先日、下北沢B&Bで開催されました。
ちなみにワタクシ木俣(「重版出来!」の書店員木俣さんと髪の長さが近づいてきました)も不肖ながら重版経験者です。手がけた「庵野秀明のフタリシバイ」
編集部おすすめ

あわせて読みたい

レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

もっと読む

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク