review

福島の夏、ゲーム制作の夏「福島GameJam」レポ

福島の夏、ゲーム制作の夏「福島GameJam」レポ
メイン会場の一つ、南相馬市会場ではプロアマ約60名が参加して、「JUMP」をテーマにゲーム作りに挑戦!
「福島でゲームを作ろう!」

そんな熱い思いでスタートし、3回目を迎えた「東北ITコンセプト 福島GameJam」。NPO法人国際ゲーム開発者協会日本(IGDA日本)が主催し、福島県南相馬市と国際ゲーム開発者協会東北(IGDA東北)の共催で、今年も8月3日(土)、4日(日)に開催されました。早くも動画がYoutubeにアップされていますので、まずはそちらをチェックいただきつつ、深掘りレポートをしてみたいと思います。

「ITやゲーム産業創出に向けた若年層の人材教育」「被災地の今と復興の取り組みに関する情報発信」「広域ITクラスター実現の礎を構築」を目的に2011年にスタートした福島GameJam。あ、GameJamというのは、さまざまな経歴の参加者による即席チームが、特定のテーマに基づいて、音楽のジャムセッションのように、短時間でゲームを作るイベントのこと。世界最大級のGlobalGameJamを筆頭に、今やさまざまな規模のGameJamが世界中で開催されています。福島GameJamでも1泊2日、30時間でゲーム作りに挑戦しました。

もっとも、今年の福島GameJamはひと味もふた味も違う! まずメイン会場がこれまでの南相馬市だけでなく、新たに郡山市でも開設され、福島県下で広域開催となりました。協賛企業によるゲーム開発ツールの事前セミナーも実施。県や市町村の後援が入って、子ども向けのワークショップなども充実しました。総参加者数も4カ国14会場で520名以上となり、一気に3倍に拡大。昨年度の台湾に加えて、今年は新たに南米コロンビアとチリでも地元のIGDA支部を母体にサテライト会場が発足し、国際色豊かなGameJamとなりました。もちろん、

あわせて読みたい

  • 女子高生とゲームが作れるのは福島GameJamだけ!?

    女子高生とゲームが作れるのは福島GameJamだけ!?

  • 「ファミスタの父」登場。ギネスブックにも載ったGlobalGameJamレポ

    「ファミスタの父」登場。ギネスブックにも載ったGlobalGameJamレポ

  • 48時間でゲームを一本作ってきたよ!プログラマー大活躍?「グローバルゲームジャム」

    48時間でゲームを一本作ってきたよ!プログラマー大活躍?「グローバルゲームジャム」

  • 「もじぴったん」や「塊魂」も参戦! 48時間でゲームは作れるのか?

    「もじぴったん」や「塊魂」も参戦! 48時間でゲームは作れるのか?

  • レビューの記事をもっと見る 2013年8月15日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    新着トピックス

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース