review

宮崎駿があの先輩と語った「腰ぬけ愛国談義」

宮崎駿があの先輩と語った「腰ぬけ愛国談義」
『半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義』(文春ジブリ文庫)<br />映画「風立ちぬ」の完成直後に2回にわたり、宮崎が自身の仕事場に半藤を招いて行なった対談を完全収録。「風立ちぬ」の試写会で、初めて自分の作品を観て泣いたという宮崎。はたしてその真意は? 本書ではそれについてもあきらかにされている。
「僕はこの前、文藝春秋の元編集長だった半藤一利さんという方とお話ししてですね、その方は83(歳)でしたが、背筋が伸びて頭もはっきりしていて、本当にいい先輩がいると(思った)。僕も83になって、こうなっていたらいいなと思うものですから、『あと10年は仕事を続けます』と言っているだけでして。続けられたらいいなと思いますが、いままでの延長(線)上には自分の仕事がないだろうと思っています。僕の長編アニメーションの時代ははっきり終わったんだというふうに……。もし自分がやりたいと思っても、それは年寄りの世迷い言であると片づけようと決めています」

これは、先週金曜(9月6日)に行なわれた、宮崎駿の引退会見での発言である。宮崎は半藤一利と、自身の最新作である「風立ちぬ」が完成したのち対談を行なっていた。その様子は、「文藝春秋」2013年8月号やNHK教育の番組「SWITCHインタビュー 達人達」(8月3日放送)で公開されたのに続き、文春ジブリ文庫の一冊として出た『半藤一利と宮崎駿の 腰ぬけ愛国談義』に完全収録されている。

じつは本書の最後でも、宮崎は半藤と会って「83歳くらいまで生きるのは悪くない」と思ったと、本人に明かしている。それを受けての半藤とのやりとりはいま読むと、すでに引退をほのめかしているようで興味深い。

《半藤 ヨーシ、こうなったらうんと長生きして、やっぱりもう一作、宮崎さん、待とうじゃないの(笑)。
宮崎 いやいや、それはちょっと待ってください(笑)》

あわせて読みたい

  • 宮崎駿引退会見の真相を探る

    宮崎駿引退会見の真相を探る

  • 今夜緊急ロードSHOW「紅の豚」の宮崎駿はパンツ半脱ぎなのか

    今夜緊急ロードSHOW「紅の豚」の宮崎駿はパンツ半脱ぎなのか

  • 8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

    8つの視点で読み解いた「風立ちぬ」レビュー総集編

  • ジブリ新作映画「風立ちぬ」には「時代ごとに変わる蒸気機関車とそれを包む風景」がある

    ジブリ新作映画「風立ちぬ」には「時代ごとに変わる蒸気機関車とそれを包む風景」がある

  • レビューの記事をもっと見る 2013年9月9日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら