review

暗い曲ばっかりだし、地獄の唄を歌うし最高だよ。人間椅子ライブツアーレポ

そんな彼らがアルバム『萬燈籠』itunes)をリリースしてから、初のライブツアーになります。
さて何が変わっただろうか……ハラハラしながらライブを見て、一番に思ったことは何も変わっていないということです。
もちろん、最高の褒め言葉としてです。

細かい部分は変わっていますし、演奏もパワフルで確実にうまくなっている。
特に「重い音」にこだわる彼らのライブは、繰り返されるごとに「重く」なっています。
しかし、浮わついたり、迷走したり一切していない。
25年(あえてこれでいきます)、彼らの「音」は変わってもスタンスは一切変わらない。
これが、人間椅子のライブの最大の魅力です。
あ、ドラムのナカジマノブが入って多少明るくなりましたが、ナカジマも地獄の唄を歌うようになりましたから、むしろ修正して元に戻しているくらい。
25年間、変わらないってすごいことですよ。

イカ天で初めて人間椅子が演奏し、大喝采と一部の苦笑を買ったのが『陰獣』という曲。
そりゃあのバブル期の「カッコイイ」体育会系の人達と比べたら、異質もいいところの文系ヘビーメタルでした。
しかしそこで認められた実力は、本物でした。彼らはここから本格デビューするわけですが、この『陰獣』という曲、ラヴクラフトのネタを古い日本語で歌ったものです。
当時はぼくも知らなかったのですが、言われて歌詞をみるとなるほど。

『萬燈籠』に収録され、ライブでも演奏された曲に『時間からの影』

あわせて読みたい

  • 人間椅子「日野日出志先生と握手」

    人間椅子「日野日出志先生と握手」

  • たまは?ユニコーンは?オーケンが今だから語れる本音を聞き出した『40代、職業・ロックミュージシャン』

    たまは?ユニコーンは?オーケンが今だから語れる本音を聞き出した『40代、職業・ロックミュージシャン』

  • 「菊池桃子さんのラ・ムーが大好きです」声優・上坂すみれに聞く3

    「菊池桃子さんのラ・ムーが大好きです」声優・上坂すみれに聞く3

  • レビューの記事をもっと見る 2013年9月24日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。