review

松本人志「志村さんに見えたわ」にじんわり。「キングオブコント2013」観戦レポ

80年代のテレビ業界エピソードとして、こんな話を聞いたことがある。これは、テリー伊藤の回顧録から聞いた逸話。
「天才」として業界にその名が轟いていたディレクター・伊藤輝夫氏が、コント番組の総合演出を手掛ける企画が進行。しかし「やっぱり、コントの面白さがわからなかったんだよね」(テリー伊藤)と、その番組自体が立ち消えになったという実話、があるそうなのだ。

この価値観、正直珍しいセンスではなかったように思う。マンザイブームに強烈な洗礼を受けた世代にとって、漫才はコントより明らかに上位にあった。ツービートやB&Bや紳竜は、どう考えてもゆーとぴあやコント赤信号より格上。キャリアという要素をのけても、圧倒的に漫才師の方が魅力的だった。
いや、こんな極端な例を出さなくても明白。男の子にとっては、ドリフ(コント)よりたけし(漫才)の方が心に響く存在であったから。『ひょうきん族』もコントだけれど、あちらは漫才師の解体を目的にし、コントはあくまで着地点。卵が先か鶏が先かじゃないけども。「しゃべり一本で行く」という形式に、妙なロマンを感じてしまってたのかもしれない。
この空気感、意外と長く主流派の感性として充満していたように思う。……が、それも今や昔の話。90年前後に小爆発したブーム期の面子(ウッチャンナンチャン、ホンジャマカ、バカルディら)によって、一掃されたから。

観る側としては、固執している人も今や少ないと思う。どちらでも良いから、笑わせてくれる方がいいに決まってるもの。今考えると、中二的感性だったか? 21世紀は、いい意味でボーダーレスだ。

この記事の画像

「松本人志「志村さんに見えたわ」にじんわり。「キングオブコント2013」観戦レポ」の画像1 「松本人志「志村さんに見えたわ」にじんわり。「キングオブコント2013」観戦レポ」の画像2
編集部おすすめ

あわせて読みたい

松本人志のプロフィールを見る
レビューの記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ピックアップ

もっと読む

「松本人志」に関する記事

「松本人志」に関する記事をもっと見る

次に読みたい「松本人志」の記事

次に読みたい「松本人志」の記事をもっと見る

レビューニュースランキング

レビューランキングをもっと見る
お買いものリンク