review

好きな女の子のために自分の殻を破ろうとするゾンビ「ウォーム・ボディーズ」

好きな女の子のために自分の殻を破ろうとするゾンビ「ウォーム・ボディーズ」
『ウォーム・ボディーズ』監督:ジョナサン・レヴィン/出演:ニコラス・ホルト、テリーサ・パーマーほか/配給: アスミック・エース/原作:アイザック・マリオン『ウォーム・ボディーズ ゾンビRの物語』(小学館文庫刊)/9月21日2D全国ロードショー
今年2月に全米第一位を記録したロマンティック・ゾンビ・コメディ(英語だとRom Zom Comといい、ジャンル名として普通に使われている)「ウォーム・ボディーズ」の劇場公開が9月21日から始まった。

主人公のRは廃墟と化した空港に住み、姿勢や顔色の悪さを気にしたり、自分はこのままでいいのかと悩んでいるゾンビ。襲撃のときに出会った人間の女の子ジュリーに一目惚れして、住処にしている空港まで連れて帰ってくる。

これは今までのゾンビ映画にあった暗黙のルールを破っている。ゾンビはふつう人間を襲うことだけ考えているモンスターだ。世間体を気にしたり、他人と仲良くなったりしない。確かに集団で襲ってくるが、たまたま近くにたくさんいただけだ。人間の形はしているけど、人間ではない。自然災害のように冷酷な存在だった。

だから、女の子に話しかける前に「キモくなるな、キモくなるな」と自分に言い聞かせたり、友達と「腹ペコ」「ま…街」と言い合ってみんなで街に繰り出すゾンビを見ていると、笑ってしまうけど納得できない気持ちもある。何でわざわざゾンビでラブコメをやっているんだろうか?

その理由は監督のジョナサン・レヴィン(代表作は日本でも劇場公開された「50/50 フィフティ・フィフティ」)のインタビューから分かる。レヴィン監督は、自分の心の殻にとらわれた男が女と出会う、というシチュエーションに惹かれるそうだ。なるほど「50/50」も男がガンにかかったことをきっかけに、見栄やこだわりを捨てて自分の本心に向き合う話だった。そしてゾンビもたくさんのルールにとらわれている。そう考えると「ウォーム・ボディーズ」でルールを破っていくゾンビの姿が、好きな女性のために自分の殻を必死で破ろうとしている男の姿に重なって見える。

あわせて読みたい

  • こんなに速いゾンビはじめて観た。ブラピはどう挑むのか「ワールド・ウォーZ」

    こんなに速いゾンビはじめて観た。ブラピはどう挑むのか「ワールド・ウォーZ」

  • 死んでも治らなかった引っ込み思案が、ゾンビになったら治った「ゾンビ・ヘッズ」

    死んでも治らなかった引っ込み思案が、ゾンビになったら治った「ゾンビ・ヘッズ」

  • 制作費5800円でカンヌに招待!「コリン LOVE OF THE DEAD」の監督と主演俳優を直撃

    制作費5800円でカンヌに招待!「コリン LOVE OF THE DEAD」の監督と主演俳優を直撃

  • ゾンビだらけのファッション通販サイト「ZOMBIE TOWNS」の衝撃

    ゾンビだらけのファッション通販サイト「ZOMBIE TOWNS」の衝撃

  • 気になるキーワード

    レビューの記事をもっと見る 2013年9月26日のレビュー記事
    この記事にコメントする

    \ みんなに教えてあげよう! /

    トピックス

    今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

    レビューニュースアクセスランキング

    レビューランキングをもっと見る

    コメントランキング

    コメントランキングをもっと見る

    トレンドの人気のキーワード一覧

    新着キーワード一覧

    エキサイトレビューとは?

    エキレビ!では人気のドラマやテレビアニメ、話題の書籍を人気ライターがレビュー、解説! 人気ドラマのあらすじや、話題の書籍が支持される理由の考察、国民的アニメに隠された謎の解明など話題の作品の裏話を紹介。

    その他のオリジナルニュース

    通知(Web Push)について

    Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら