bit

初めての人のための! 「富士登山勉強会」に出席してきた

初めての人のための! 「富士登山勉強会」に出席してきた
講師の大蔵氏は、世界初ヒマラヤ7000m級三山綱走成功(79年)、厳冬期最高到達地点記録樹立(86年)など、錚々たる記録を保持している
世界文化遺産登録を期に、改めて脚光を浴びている富士山。ここに来て、登山に興味を示す人も増えてきました。いや、本当、周囲にもにわかに増えてるんだよなぁ……。
しかし、大丈夫なのか? 聞くところによると、困難で苦しいらしいじゃないですか。だからこそ、登頂した時の喜びがあるわけだけど。

そこで、秘訣というか必須項目というか、とにかく助言してあげたい。そこで、ミズノが開催した「初めての富士山登山勉強会」に出席してみました。この「初めての」ってところが、嬉しいじゃないですか!

ちなみに、その人気っぷりについて。およそ年間30万人(20人に1人の割合)で訪れるのが富士山だそう。ここまでの山は、世界でも類を見ないという。
では、なぜそんなに日本人は山が好きなのか。書物によると、奈良時代(800年頃)から富士山に登ったという記録は存在し、その理由としては農耕民族の心理が作用しているという。自然との一体感を愛でている。プラス、東洋人は「山に神様が住んでいる」という思想を持っている。「山には悪魔が住んでいる」と考える欧米人とは対照的だ。
端的に言うと、日本人にとって山は「登る」もの。欧米人は、夏には山を見に行き、冬はスキーで山を降りる。我が国の山好きの性分、わかっていただけましたでしょうか?
しかし今では外国人が日本の山に訪れ、積極的に登山を楽しんでいる風潮もあるという。植物が保護されていたり、その環境の良さも海外から愛される理由のよう。しかも世界遺産に登録されたので、その人気が高まることは必至。

あわせて読みたい

コネタの記事をもっと見る 2013年10月1日のコネタ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

コネタニュースアクセスランキング

コネタランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

コネタとは?

B級グルメやネットで話題のネタを徹底リサーチ! 流行トレンドをおもしろい視点と大きな写真で毎日お届け。

その他のオリジナルニュース